笑福亭松之助の死因や病気は意外なアレ?明石家さんまのコメント紹介

明石家さんまさんの師匠の笑福亭松之助さんの訃報が入ってきました。

今回は明石家さんまさんの師匠である笑福亭松之助さんの死因病気明石家さんまさんのコメントなどを書いていきたいと思います。

まずは笑福亭松之助さんのプロフィールから!

スポンサーリンク


笑福亭松之助さんのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

レッドシューズ今野(今野一樹) Redshoes KONNOさん(@kazukikonnobatt)がシェアした投稿

笑福亭松之助さんのプロフィール
名前:明石 徳三(あかし とくぞう)
芸名:笑福亭松之助(しょうふくてい まつのすけ)
生年月日:1925年8月6日(93)
出身地:兵庫県神戸市湊西区
弟子:明石家さんま

明石家さんまさんの師匠である、笑福亭松之助さんが亡くなりました。

笑福亭松之助さんはもう93歳になるお歳で、大往生と言われていますが、やっぱり悲しいですね。

さんまさんへのショックも相当大きいものではないでしょうか?

笑福亭松之助さんがもともと明石家さんまさんをテレビ番組に推薦した事で知られています。

さんまさん曰く「笑福亭松之助師匠がぼくをテレビ番組へ押してくれなかったら今の自分はない」と言っていました。

今や国民的に超有名になったさんまさんを生んだすごい人となっているだけに凄く寂しい気持ちになりますね。

笑福亭松之助さんはさんまさんのテレビ番組にも出ていて、物腰柔らかで「さんまさんの師匠」って感じがめっちゃ伝わってきました。

さんまさんの優しい雰囲気にどこか似ています。

3年前にさんまのまんまに出ていた笑福亭松之助師匠です。

とてもお元気そうですが、やはり年齢には勝てないようですね。

そして今回の訃報の死因について調べてみました。

スポンサーリンク

笑福亭松之助師匠の死因や病気はなに?

 

View this post on Instagram

 

Kimihiro Kohnoさん(@kohnokimihiro)がシェアした投稿

笑福亭松之助師匠の死因は「老衰」だそうです。

ただ、少し前に奥様を亡くしておられ、それ以降体調が優れず、肺炎などで入退院を繰り返していたそうです。

亡くなる少し前から寝たきりになっていたようですが、意識はあり、さんまさんのお見舞いにも対応していたとか。

本当に大往生ですね。93歳ですか。さんまさんを育て上げた師匠は素晴らしい。

「老衰」って正直あまり聞かないですよね。

大抵は肺炎など何かしらの病気でお亡くなりになることが多い気がしますが、「老衰」ってことは苦しまずに大往生したってことですね。

老衰を医学的に説明すると以下のようになるようです。

補足:老衰とは
加齢による老化に伴って個体を形成する細胞や組織の能力が低下し、多臓器不全により恒常性の維持・生命活動の維持ができなくなることが原因である。

生命活動が寿命で自然と停止するような事のようですね。

とても悲しい出来事であることには変わりないですが、苦しまずにそれこそ笑福亭の名前のように笑って往生したと考えるとさんまさんの師匠らしいなと思ってしまいます。

しかし、さんまさんは最愛の師匠が亡くなってしまい、相当なショックを受けたのではないでしょうか?

さんまさんのコメントを探してみました。

スポンサーリンク

笑福亭松之助師匠の訃報に対しての明石家さんまのコメント

 

View this post on Instagram

 

-MANATO-さん(@mnt0128)がシェアした投稿

最愛の弟子のさんまさんのコメントに関してはまだ出ていない状態です。

おそらくすぐに出てくると思うので、でしだいここの追記していきます。

さんまさんにとってもかなり辛いことだと思いますし、お笑い界にとってもとても大きな存在がなくなってしまったと寂しがる人が大勢いると思います。

お通夜やお葬式が行われるのでしょうけど、さんまさんが弔辞を述べたりするのでしょうか?

師匠との思い出も色々とあるでしょうし、涙なしでは終われない最後のお別れになりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

さんまさんの師匠は人柄がとてもよく、さんまさんがサボったりしていても全く怒らなかったようです。

それが今のさんまさんの優しさに繋がっていたりするのではないでしょうか?

師匠を失って悲しい気持ちもかなり大きいと思いますが、さんまさんにはまだまだ頑張って欲しいと思いました。

ご冥福をお祈りしています。

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です