高田雄史(gram社長)の裁判歴や犯罪歴確定か?FC契約ぼったくりにローソンをも敵に回す根性がやばい!!?

高田雄史(grams社長)の商標乗っ取りが凄い事になっています。

現在も商標乗っ取りの申請を複数出しており、高田雄史(gram社長)の、

犯罪歴裁判歴などの情報もこの記事では調べていきます。

また、FC契約ぼったくりでは?と言われています。

現在の相関図を下記に載せておきます。

引用元はこちらから!拡大可能!

まずは事件の概要から載せていきます。

スポンサーリンク


高田雄史(gram社長)の商標乗っ取り事件の概要

 

View this post on Instagram

 

l_o_m_fさん(@l_o_m_f)がシェアした投稿

この事件は、

シンガポール発祥のティラミスヒーローという洋菓子の専門店の、

商標である、「ティラミスヒーロー」を日本国内でgram社長の高田雄史さんが商標登録し、

本家のティラミスヒーローが日本国内で自社の商品名を出して販売できず、

gram社長の高田雄史さんが乗っ取り商法だと大バッシングを浴びた事件です。

この高田雄史さんですが、相当な商品を乗っ取っていたようで、

このティラミスヒーロー以外にも、下記に山ほどあります。

乗っ取り商標していたと見られる商品

◆幸せのパンケーキ

◆ローソンプレミアムロールケーキ

◆バーンサイドストリートカフェ

◆奇跡のパンケーキ

◆てぃらぷり

◆ティラミスヒーロー

やりすぎですよね、もはや専売特許になっている。

新しい商品とか生み出す事を全然考えていないような気がしますね。。。

ローソンにも喧嘩売るとかめちゃくちゃ強いですよね。。

ネット上での反応も見てみましょう!

スポンサーリンク


高田雄史(gram社長)の乗っ取り商標に対するネットの反応

ネットの反応
パクリ(疑惑)半端ねー

中国よりひでー

ネットの反応
高田雄史は高田雄に乗っ取られたんじゃないのか?

高田雄も何かに乗っ取られたのかもしれない。

そして今まさに高田雄史は誰かを乗っ取ろうとしてる最中…

いや、すでに違う誰かなのかもしれない。

ネットの反応
「gramや高田雄(史)の関わる店では金輪際買わない!!!」 より

「そんな所のより本家のスイーツ食おうぜ」

の方がパクリ店に与えるダメージは大きいと思う今日この頃

ネットの反応
おい高田雄史、お前今日から三食全部ティラミスな。

在庫全部自分で食えよ。

ネットの反応
このクソは何人なんだろう、、、

一万年かけてあらゆる苦痛を受け、それを一万回繰り返し、

待つのは完全なる“無”…… と、なってこの世から消えてほしい

ネットの反応
この高田雄史みたいな奴がいちばんクズい

散々書かれていますが、商標を乗っ取られた方としては、正直たまったもんじゃないですよね、

自分たちが努力して作りあげた商品の名前を取られるってやりきれない思いだと思います。

愛情を注いで作り上げた商品の名前を取られるって想像以上にその製作者にとってはショックな出来事だと思いますね。

そんな横取りみたいな事をしても会社って成り立っていき、今の今まで咎められることもないなんて。。。

そんなの絶対おかしいですよね。

そんな数多くの乗っ取り商標をしている高田雄史さんなのですが、過去に裁判歴犯罪歴があったのでは?

とささやかれています。

スポンサーリンク


高田雄史(gram社長)の過去の裁判歴や犯罪歴はあるのか?

高田雄史(gram社長)の過去の裁判歴犯罪歴を探してみました。

しかし、この高田雄史(gram社長)が実際にやっている事が犯罪という情報は出てきませんでした。

ギリギリのグレーをせめている可能性が非常に高いです。

実際に、今回のティラミスヒーローの事件でも、シンガポール内ではティラミスヒーローの商標の登録はあったようですが、

日本国内ではティラミスヒーローが商標を取得する前に、高田雄史(gram社長)が商標登録をしています。

これを見ると、特に違法性はなく、ただ単に商標乗っ取りのバッシングを食らうだけです。

もはやプロの犯行と言えますね。

そのほかの商標登録に関しても、違法性はないようです。

しかし、もしも自分が作った商品の名前やデザインなどがパクられたら、下記のように異議申し立てができるようです。

異議申し立てや法的措置

・異議申し立て
・無効審判請求
・先使用権

※無効審判にはおよそ5年、
※審判申し立て費用86万円かかる

しかし、無効審判には5年。。。

審判申立には86万。。。

個人的にはもうこれなら諦めるって思っちゃいますね。

調べた結果常に法的には大丈夫な状態を保ちつつ、商標乗っ取りを行なっていたプロ丸出しの、

やり口でした。

そしてもう一つ、この高田雄史(gram社長)FCぼったくりではないかという噂があります。

スポンサーリンク


高田雄史(gram社長)のFCはぼったくりなのか?

このgramとう会社はフランチャイズを実施しており、

ある契約の元、gramの製品を販売できる権利を得ることができます。

下記がその条件とされているとネット上にありました。

gramのフランチャイズ費用

1200+5年以降は更新100/1

ロイヤルティ売上2%

ちょっと高すぎるように思いますね。

調べたところ、フランチャイズの相場は下記のようです。

補足:フランチャイズの相場

無店舗型、小店舗型だと100万円以下が標準

店舗型だと300万円前後が標準

介護業界やコンビニ業界では200万円ぐらいが標準

gramの場合は更新に年間100万初期費用にも1200万ほどかかるようですね。

これはあまりにも開店するのが難しいですね。

しかもこの騒動でフランチャイズ店も風評被害が凄いようで、

下記のツイッターにgramのフランチャイズを両親にもつ少女からの悲痛な叫びが載ってありました。

本店ではなくフランチャイズの店舗に関してもバッシングが凄いようで、

本店はバッシングされるべきですが、店舗に批判ややめてほしいと悲痛な叫びが載ってありました。

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか?

商標乗っ取りを公然と繰り返している姿は、

とてもいい会社には思いませんね。

こんな会社が出している食べ物を美味しいと感じるでしょうか?

今後もまだバッシングは続くでしょうけど、

真相の解明をしてほしいですね。

今日の記事はこの辺りで終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です