マット桑田の子供時代は野球と音楽!子供の頃自立の為にお風呂を作った?!

マット桑田の子供時代は野球と音楽をやっていたようですが、子供の頃、野球や音楽を始めた意外なきっかけが判明しました。

また子供の頃、父親である元プロ野球選手の桑田真澄が、子供の自立を促すためにお風呂を作らせたことがあるそうです。

その真意や真相を深く掘ってみたいと思います。

ではさっそくマット桑田の子供時代にやっていた野球や音楽、子供の頃に自立するために作ったというお風呂の件について見ていきましょう!

マット桑田は子供時代野球と音楽にハマっていた?!

マット桑田の子供時代は野球をやっていましたが、実は嫌いだったようです。

嫌いだった理由と面白いエピソードも見つけたので紹介します!

マット桑田は野球のセンスが凄かった

マット桑田は子供の頃嫌いだった野球をやっていたのですが、肩も強く、ボールもかなり打っていたようで、センスが凄くあったのだそうです。

ですが、「デッドボールが痛いから嫌だな」と思っていたところに周りからの期待からどんどん試合を出されてしまい、面倒くさいと感じて嫌いになったようです。

野球が嫌いでわざと鼻血を出してさぼった子供時代

なんとマット桑田は野球が嫌いで試合にあまりにも出たくなかったことから、わざと鼻血を出して試合をさぼったことがあるようです!

わざと鼻血を出すという発想なかなか思いつきませんよね・・・。

どれだけ野球が嫌になっていたのかが伺える興味深いエピソードでした。

音楽に出会ったきっかけは父親の桑田真澄だった!!

音楽に出会ったきっかけは子供の頃、父親が肘を壊してリハビリとしてやっていたピアノでした。

ピアノを弾いている父親である桑田真澄を見て弾き始め、ピアノとバイオリンを習いました。

高校生になると吹奏楽に入部し、桜美林大学の芸術文化学群・音楽専修に進学しています。

現在ミュージシャンとして活躍しているマット桑田の活躍の裏にはこのようなきっかけがありました。

マット桑田は子供の頃自立のためにお風呂を作ったのは本当??

子供の頃自立のためにと、父親である桑田真澄の教育は厳しかったようです。

子供の頃に作ったお風呂の噂や、ずっと言われ続けていたある言葉がテレビの番組で紹介され、かなりの反響だったようです。

子供の頃お風呂を作ったのは本当だった!

子供の頃お風呂を作ったのは本当でした。

桑田真澄が作れと言ったのには、「子供たちが自分たちから気づいてやるように、自立できるように」といった思いがあったからと話しています。

掃除など、そういうのを自分でちゃんとやってほしい。家族で使っていると誰かが担当だったり、気づいた人がやるからお風呂を作るように言ったそうです。

出来上がったお風呂はどんな感じなのかとても気になります!!

子供の頃から「運の貯金をしなさい」と言われていた

マット桑田は子供の頃からずっと「運の貯金をしなさい」と言われていたそうです。

「掃除だったり、見えないところの努力というのは自分の運を貯金する意味がある」と教えられていたようで、学生時代から人の見ていないところで靴を並べたり、掃除をするように心がけていたと話していました。

簡単そうで難しいことを継続してやり続けたマット桑田は素晴らしい方だと思います。

また父親である桑田真澄の人間の深さや、考え深さが表れた言葉ですね。

マット桑田の子供時代は野球と音楽!子供の頃自立の為にお風呂を作ったまとめ

マット桑田は子供時代野球は嫌いだったが、音楽は父親のリハビリでやっていたピアノがきっかけで始めたことがわかりました。

また、子供の頃に自立のためにお風呂を作ったことが本当だったこと、ずっと「運を貯金しなさい」と言われ続けて学生時代見えないところで靴を並べ、清掃をしていました。

マット桑田は厳しい教育の中に見える愛を受けながら育てられていたことがわかりましたね。陰でしていた努力がどんどん実となってほしいですね。



美容・芸能(整形)ブログ

コメントを残す