【億男】 映画 ネタバレと感想!吃音症の高橋一生、涙のクライマックス。

皆さんこんにちは!

今日は現在放送中の映画、「億男」のネタバレや感想の記事を書きたいと思います。

映画見る前と、みた後での印象があまりにも違うので、ビックリしました!笑

めっちゃいい映画でした!これはオススメ!!

まずはどんな映画なのかあらすじを書いていきましょう!!

スポンサーリンク


映画「億男」のあらすじ

 

View this post on Instagram

 

Ryuさん(@take_032112)がシェアした投稿

億男のあらすじ
兄が3,000万円の借金を残して失踪してから、図書館司書をしていた一男(佐藤健)は夜もパン工場で働きながら、兄の借金を返済している。

一男の妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し、窮屈に生きることしかできない一男に愛想を尽かし、離婚届を残し、娘のまどかと家を出てしまった。

そんな踏んだり蹴ったりの状況の一男だが、突如として、宝くじに当選する。

当選金額はなんと3億円!これで借金を返し、家族の絆を修復できるはずと思った。

しかし、宝くじの高額当選者はみんな悲惨な人生を送っているという記事ばかり。

大金を手にして怖くなった一男は大学時代の親友で、現在IT企業をして億万長者となった九十九(高橋一生)にお金の使い方に関してアドバイスを求めに行くことに。

そこで九十九は3億円を下ろして戻ってくるように一男に指示。

久しぶりの九十九(つくも)との再開と九十九が宝くじ当選祝いに開いてくれた豪遊パーティに浮かれて酔いつぶれてしまった一男。

翌朝目覚めると、3億円と九十九の姿はパーティ会場になくなっていた・・・

ざっくりあらすじ書きました。

長〜いのでまぁ、疲れない方は読んでください!

僕なりに超簡単に要約すると、下記になります。

管理人の超簡単要約
借金のある男性が、宝くじに当たり、浮かれたところに大学の親友と会い、その親友が3億ごと姿を決してしまい、さぁどうしよう的なかんじ。

超簡単なのんですが、要約はこんな感じです。

ただし、この映画の深いところは、このあらすじでは書ききれないので、ちょっと読み進めてください。

その前に、主要メンバーの紹介をしておきます。

この映画なんですが、めちゃくちゃ出演者が豪華です。てかもう、みんなハマりすぎてて鳥肌です。

チキンスキンです(コケコッコー)

 

下記からネタバレが含まれておりますので、読む方は注意です!!

 

スポンサーリンク

出演者紹介、こいつら・・・最高!

出演者紹介

一男(佐藤健)

主人公は一男はこの男!佐藤健!!!ジャジャン!

しがない図書館司書。兄の借金の保証人になってしまい兄が失踪。3000万の借金ドカン!

なんと昼は図書館司書夜はパン工場月収37万を稼ぐ22万は家賃や生活費、15万は借金の返済に当てる生活。

どんなけ働くねんって感じで働いてます。もう図書館司書の時は業務中に寝てます。笑

髪の毛ボサボサで一男の不甲斐なさがめっちゃ伝わってきて、佐藤健、演技うめぇな〜って普通に尊敬。笑

スポンサーリンク

九十九(高橋一生)

一男の大学時代の大親友の九十九役はなんと、高橋一生さん!!

現在はIT企業(バイカム)億万長者になり、なんとも豪華な生活を送っている九十九。

映画では吃音症で、しっかりと人と話すことができない。

この吃音症の役がプロっててチキンスキン(鳥肌)。

まじで役作りがすごすぎる、吃音症の役で映画にリアリティが増して、高橋一生ではなく九十九として見てしまっている自分に途中から気づく、映画に完全に熱中。

この九十九さん、一男の3億を持って突如消えてしまう。ワロタ。めっちゃいい人そうやのに・・・笑

スポンサーリンク

百瀬(北村一輝)

九十九の企業したバイカム共同経営者(エンジニア)の百瀬役は北村一輝さん!

この人のキャラが好きすぎる。

九十九と企業した会社バイカムはサイファーという会社に買われてしまう。

売却益がなんと200億に。共同経営者である、百瀬はその売却益で億万長者になった。

大阪の商売人感が半端ない。

大阪出身の管理人からしたら、一番親近感のわくキャラやけど、なにせ胡散臭さは出演者の中で1、2を争う。笑

この人のいうことの胡散臭さは半端じゃないけど、なんやろ、胡散臭さの中にもお金に関する名言が混じってて、なるほど!っていう感覚に久しぶりになってしまった。

色んな本を読んでいる管理人ですが、百瀬が言った「お金は幻想や」がすごい印象的でハッとした。

劇場や、DVDなどでしかこの強烈、激烈なキャラは伝わらないから、まじでこのキャラだけでも見て欲しい。

スポンサーリンク

千住(藤原竜也)

いちいちベテラン使ってくんな!ってツッコミたくなるくらい、いい演技。笑

もうお金に関してハマりすぎですね。藤原達也さん。

この人の役柄も同じ九十九が作ったバイカム共同経営者の1人!

バイカムをサイファーに販売した後は、億万長者となり、ちょっと怪しい、宗教ちっくなお金のセミナーを開く。笑

お金のセミナーでは半ば、教祖様的な扱いで崇拝され、「お金はゴミだーー」と1万円札を信者に破らせ、お金を会場に捨てさせ、それをセミナー終了後に拾い集め、自分の売り上げにする。

なんとも奇妙な世界観で進んでいくが、これまた名言が出てくる。

「お金は使う人によって価値が変わる。」

「俺が会場から拾い集めたのは信者のお金じゃない。ただのゴミだ

「ゴミを拾って何が悪い」

「ゴミは人によって金(きん)にもゴミにもなる、それがお金だ」

「お金は神だ」「人間は生まれた瞬間にお金を崇拝する宗教に入ってしまう」

くううぅぅぅぅーーー藤原竜也痺れる。

なんかね、確信を疲れるというか人間の欲望が丸裸にされる感じで、百瀬とは違う観点からお金に関しての気づきがありました。

スポンサーリンク

十和子(沢尻エリカ)

エリカ様ーーーー降臨!!!

十和子役は沢尻エリカ。

十和子は九十九の元秘書。この人もバイカムの売却益で億万長者に10億持ってると豪語していました。

10億とか欲しいわ!!笑

またね、沢尻さんすごいこういうセレブっぽい癖の強い役が似合ってます。てか純粋に可愛い。

もはや役作り不要で、素のエリカ様が出ているようで新鮮さなし、笑

安心して見てられました。

そしてこの十和子も名言を連発。

十和子は元からすごい美貌の持ち主で男性に言い寄られることもしばしば、しかし男性はお金で十和子の事を買おうとすると、トラウマになってしまう。

「マンション買ってあげるから、俺の女にならないか?」

「月々〜円あげるから、俺の女にならないか?」

こんなお金で人間の価値が決まってしまうこの螺旋から逃げ出したくて、十和子は公営住宅にお金に全く興味のない男性と結婚し住むことに。

お金から解放されたい!ってなんか核心を突いているようで、めっちゃなるほどって思いました。

スポンサーリンク

あきら(池田エライザ)

あきら役は池田エライザさん!

男性を「億男」「雑魚」の2択に振り分ける港区在住のパリピ。笑

この女性は一男が3億当たった時に九十九のパーティに参加していて、百瀬の事を紹介してくれる。

劇中では名言じみたことは一切言わないが、ちょこちょこ一男に優しくしてて、なんか可愛かった。

池田エライザ、可愛かった。笑

スポンサーリンク

万左子(黒木華)

一男の妻の万左子役は黒木華さん!

一男に愛想をつかして、娘のまどかちゃんと家を出てしまう。

借金があっても良かったが、一男がまどかちゃんの大好きなバレエ教室を借金の返済のため辞めさせようとしたところ激怒。

離婚届けを置いて家を飛び出す。若干メンヘラ感あり。笑

淡々として芯のある役所がめちゃくちゃいい感じでしたね。こんなしっかりしたお嫁さんが欲しいです。笑

大まかな登場人物はこんなところです。

ここから、実際の中身と感想を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

この映画の中身順をおって説明。

主人公の一男が3億円を九十九宅に持っていく。

主人公の一男がまず3億円当たったという事で、お金の使い方に関して不安になり、億万長者の九十九の元へお金の使い方のアドバイスをもらいに向かう。

管理人はここで、そんなアドバイスもらうより、早く3000万返せよ!と激しく思ったが、後の祭り。笑

まんまと九十九に「まずは3億円使ってみようか」と怪しげなアドバイスをもらう。

疑ってくれ一男!!怪しすぎるぞおおお!!と思った管理人のアドバイスは聞こえるはずもなく、一男はまんまと全額3億円を下ろして、九十九宅へ帰宅。

ちなみに九十九と会うのは10年ぶり。笑

そしてその3億をバッグから全てだし、今日はパーティー!!的なノリに。

パーティー会場で馴染めずにいた一男だが、九十九の勧めでお酒を一気飲みして、ベロンベロンに。

そして翌朝目覚めると、九十九はじめパーティのメンバーは消えており、そして、一男の3億円も消えてしまっていた。

オーマイゴッーーーード!!!って叫ぶ一男。

何が起きたのかわからず、とりあえず九十九に電話するが、「ただいま留守にしております」

だーから言ったやん!!一男!!このやろっ!っていう管理人の心の声が止まらない。笑

途方にくれた一男は九十九が開いたパーティで連絡先を半ば無理やり交換させられたパリピのあきら(池田エライザ)に九十九の情報を聞き出すために連絡してみることに。

スポンサーリンク

あきらが九十九の共同経営者の百瀬を紹介してくれる。

連絡をとったあきら(池田エライザ)は九十九の行方は知らないが、九十九が作ったバイカムという会社の共同経営者の百瀬(北村一輝)は知っているといい、一緒に百瀬のところへいくことに。

百瀬は競馬を超ビップルームでしており、あきらは顔見知りの百瀬とシャンパンを楽しむ。

セレブ感がビリビリ伝わってくる中で一男は萎縮してしまう。

事の顛末を百瀬に話したが、百瀬は九十九の行方は知らないという。

そしてそこで100万を貸すから競馬にかけてみろ!百瀬が一男に提案

一男は娘の誕生日の7という数字の馬にかける。すると100万円で買った馬券が万馬券に。

100万円から1億になった馬券に喜ぶ一男。しかし百瀬はその1億を使って再度競馬を勧める。

断る一男だったが、百瀬に「誰の100万かわかっているか?」と脅され、また馬にかけることに。

心から当たれ!と叫んだ一男の叫び虚しく。1億円は消えてしまう。

百瀬を睨みつける一男だったが、百瀬はそこで「はじめっからお金なんかかけてない」と話し始める。

お前は騙された、これは3億円失ったのと同じだ!と説明。

お前がもらったと思った3億円も、今競馬で勝ったと思った1億もなくなった1億も全て幻想だ。

苦しすぎるぞ百瀬と思ったが、やはり弱者は弄ばれてしまうのかと管理人はなんだか腑に落ちてしまった。

「お金は幻想」と吐き捨てた百瀬の言葉が妙に頭の中に残っていた。

百瀬の役の北村一輝が役にハマりすぎてて、この映画では客観的に一男をみることができない部分が多かった。

なんだか自分ならどうする?こうする?と次々に判断が浮かんできて、視聴者のはずが、なんだか映画に参加しているような感覚になってしまった。

またまた途方にくれる、一男。そんな時に百瀬からバイカム共同経営者の

スポンサーリンク

千住との出会い、変な宗教に驚きおののく。笑

百瀬との対応で疲れ切っていた、一男だが、次は千住(藤原竜也)を紹介されて、千住の元へ。

千住(藤原竜也)もバイカムの共同経営者でバイカムの売却益で億万長者となっていた。

千住はお金に関する怪しげなセミナーをして生計を立てていた。

てか億万長者やから、そんなセミナーする必要ある?とか思ったけど、笑

千住の怪しげなセミナーに参加する一男。

なかば宗教のようなセミナーに一男驚く。w

千住はマイクを使い、セミナー生みんなの夢を聞いていく。

「借金を返して家族と住みたいです」こう言った生徒の元へ向かい。

「絶対に叶います。」と千住が力強く発する。

しかしこの夢を叶えるためにはお金に縛られないよにならないといけない!と千住がいいます。

おもむろに1万円札をある生徒に渡して、これを粉々に破けという千住。

会場には破けコールが、笑

藤原竜也さんがハマりすぎてて、真面目な場面だったけど管理人笑ってしまった。w

1万円を破いた生徒に続き、次々と生徒がお金はゴミだと叫ぶ、そして財布からお金を抜き取り生徒全員がお金をほり投げる。

セミナーが終わり、控え室にいく一男。

生徒たちが捨てたお金は千住のスタッフによって拾い上げられ、集計されているところだった。

それを見た一男は「こんな詐欺みたいなことして心痛くないですか?」と千住に言う。

管理人も思った、千住よ、億万長者がなんでこんな小銭稼ぎを?笑

ちょっと観点違うけど、千住のおかしさにツッコミたくなった。

しかし千住のここでの言葉が秀逸!

注意:ちょっと内容違ったらごめんなさい。思い出しながら書いてるから。笑

「詐欺だと?お前はお金のことを何もわかってない」

「生徒が捨てたお金はお金じゃない、ただのゴミ」

「俺はただのゴミを拾い上げただけだ」

「お金は使う人間によって価値を大きく変える」

「お前がゴミだと思ったものはある人には金(きん)になる」

「だからあいつらが捨てたのはゴミなんだ」

「俺は成功した立場からあいつらに安心を売っている」

「安心の値段はいくらだと思う?」

「人によって違う、だから俺が値段をつけられるんだ」

「あいつらはお金を捨てたのにハッピーになって帰っていった。これの何が詐欺なんだ?」

「お金は神だ」

「人間は生まれた瞬間からお金を崇拝する宗教に入ってしまっている」

クソ痺れる〜〜〜!!

これはね、是非ね映画見て欲しい。ここだけでもいいから見て欲しい。

なんか、時間を忘れて傍観してしまっていた自分に気づいた。

てか藤原竜也の演技がうますぎるって言うのもあるな。笑

またもや一男ボロボロに。。。

千住から次は十和子と言う九十九の元秘書を紹介される。

スポンサーリンク

九十九の秘書、十和子(沢尻エリカ)のところへ訪問するも。。。

一男は最後の訪問者の十和子のところへ訪問する。

百瀬、千住と訪問し、九十九を探すと言うよりも、お金のことがわからなくなり始めた一男。

そこで十和子の家に訪問した。

十和子も漏れなく億万長者。しかし十和子が住んでいたのは、公営住宅。

公営住宅は国からの補助が出ているので家賃が安いですよね。

億万長者なのに、公営住宅で暮らす、十和子を不思議に見る一男。

十和子の話を聞いていくと、十和子は容姿がすごく優れており、昔から言い寄ってくる男が絶えなかった模様。

十和子はお金持ちの男性から「マンションあげるから俺の女にならない?」

「お金あげるから俺の女にならない?」などお金で女性の価値を決めようとする男性のことをトラウマに感じてしまっていた。

「男性はお金でなんでも買えると思っている」

「事実お金があれば、女性もなんでも買えてしまう」

「男性のそんな心が嫌いになって、この螺旋から抜け出したかった」

「私が結婚した夫は公営住宅にすむお金に全く興味のない男性」

「運命の人だと思った、すぐに結婚した」

「お金に興味ないって最強」

とかなりのトラウマを披露した。笑

確かにな〜ってめっちゃ思いました。

さっきの千住もそうですが、お金を崇拝する宗教に入ったって名言やな〜って思ってしまいましたね。

お金の螺旋から抜け出すために、お金に興味ない人と結婚するってのは確かに色んなものから縛られなくなるのかもな〜とか思ってしまった。笑

しかしここで、一男がめちゃくちゃいい事を言います。

「バイカム売らなければ、こんな色んなことを考えなくて済んだのでは?」

実はバイカムは九十九が作った会社なのですが、十和子、百瀬、千住はバイカムにはそれほど思い入れはなく、売却益で大儲けしたいと考えていました。

九十九の反対を押し切り、バイカムをサイファーに200億で売却してしまいました。

僕でも売却するわ!!笑

でもね、ここからすっごい核心に迫っていきます。

スポンサーリンク

バイカムを売ったことによってお金は手に入れたが大切なものを失った。

そうなんです、九十九はバイカムを売却する前にこう言いました。

めっちゃいいこと言ってる!笑

「バイカムを売ったら200億が手に入る、でも僕たちが築いたものはゼロになる。」

「この紙切れ200億は一体何なんだ?何を証明するものなんだ?」

「僕たちの作ったものは実態のない紙切れ(幻想)に変わってしまうだけだ」

「そんなの嫌だ」

これを振り切って十和子、千住、百瀬はバイカムを売却。チーン。

しかし、一男の一言「バイカム売らなければ、こんな色んなことを考えなくて済んだのでは?」に十和子ははっとさせられることに。

つまり、自分が頑張った事などはお金で価値はつけられない。

愛や経験、思い出などお金では買えないものがたくさんあると一男は気づき始める。

しかし場面はここで終了。

スポンサーリンク

場面は九十九と行ったモロッコ旅行の回想と九十九現る。

九十九のバイカムは大学時代に一男と行ったモロッコ旅行で思いついたもので、この回想で一男は九十九の事を思い出す。

九十九は昔からすごく真面目で、一男のことが大好きだった。

九十九は天才肌で、少し人間味にかけるが、一男は逆にすごく人懐っこくて人間味に溢れている。

そんな一男がとても好きだった九十九はモロッコ旅行で一男にこう言った。

「僕はこれからも1mmも変わらないよ」

この言葉を思い出した、一男は九十九が3億円を持ち逃げしたとはどうしても思えず、おもむろに電車に乗る。

ガラガラの電車の中でぼーっと座っている一男。

すると隣の席に九十九が座ってくる。手には3億円入りのバッグが。

「中身は持ってきてくれた時と1gも変わってない」そう九十九がポツリ。

一男はそこで、「九十九が3億円を盗むわけないと思っていたんだ」と一言。

この一言で九十九のピースがハマる。

九十九はお金ってなんなのかってのをずっと探っていたと話し始める。

「お金に近づけは近づくほど、僕は大切なものを失っていく。」

「十和子、百瀬、千住、バイカム。。。」

「お金ってなんなのか99%わかっていたんだ」

「でも残りの1%がわからなくて探してた」

「でも今はっきりとわかったんだ君の一言で」

「最後の1%がとてつもなく大切なものだったんだ」

最後の1%が何かって事は明確にせず、九十九は電車を出てしまいます。

この答えを管理人が代弁するなら、「愛情」「友情」「信頼」「思い出」「経験」などはお金よりも大切という事だと思います。

お金で値段がつけられないもの。これが一番大切なんだという事をこの映画は教えてくれました。

見終わった後なんとも言えない爽快感がありました。

なんかまじで感動した!!

スポンサーリンク

まとめ

めっちゃ長々と書いてしまいましたが、百聞は一見に如かずです。

気になった方は是非とも見てください。

最後にこの映画に言いたいことがあります。

プロモーション下手か!!!笑

めっちゃいい映画なんですけど、見るまではよくあるお金系の嫌な感じの話と思ってしまいました。

中身は全く違う、ヒューマンドラマって言っても過言ではないです。

久しぶりになんか爽快感のある映画でとってもよかったです。

ここまで読んでくれてありがとうございました!

ここまで読んでくる人は少ないかもですが、どうもありがとう!!

また記事書きますので!

それではまた。

ばーい!

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です