【最新】ガクトの生い立ち〜実家が金持ち!?独特な幼少期に驚き!

今回はガクトの生い立ちや実家がお金持ちという噂は本当か?などテレビでは決して明かされない疑問をここで書いていきたいと思います。

ガクトといえば「セレブ」というイメージが完全に一般市民の中に刷り込まれているような気がしますが、実感がお金持ちという噂があるので非常に気になりますよね。

また、そんなセレブ超人ガクトを作り上げた生い立ちってどんな感じなのかも非常に気になります。

今回、ガクトの生い立ちを調べられるだけ調べたので、お楽しみにしておいてください!

スポンサーリンク


ガクトの生い立ちは海の中での心霊体験が伝説の始まり!

さっそくガクトの生い立ちから見ていきましょう!

幼少期の臨死体験

ガクトさんは沖縄出身ですが、幼い頃海に溺れてしまい、瀕死の状態になったようです。

ガクトさんは溺れて溺死する寸前に「生きたい」という気持ちが出てきて何かに押し上げられるように、海から這い上がり生還したようです。

しかしそこからガクトさんは霊的な存在が見えるようになり始め、生きている人と死んでいる人の区別ができなくなり、幼少期は異端児扱いされることとなりました。

原因不明の病気での隔離病棟時代

そしてそこからガクトさんが10歳くらいの時に原因不明の病気におかされます。

ガクトさんは突然隔離病棟に移され、鉄格子のついた病棟だったようで、その当時は子供達が多くその病棟で暮らしていたようです。

伝染病の子供や重症な病気の子供が多い病棟だったと回想しています。

ここでの原因不明な病気とは臨死体験からきた「霊が見える」という事で、大人たちはガクトさんを精神疾患と捉えていたようです。

この隔離病棟時代には生死を彷徨う子供達も多く「霊が見える」ようになっていたガクトさんにはかなり苦しい時代だったようです。

ちょっと本当か微妙な感じですが、ガクトさんのミステリアス感ってこういうところから出ているのでしょうか。

病院にいることが嫌で、必死で正常を装い、医者の仕草を真似たりして病院を退院することができたようです。

当時を振り返り「地獄だった」とガクトさんは語っていました。

ガクトさんの生い立ちはこのようにかなり複雑で、「嘘か?」と疑ってしまうような内容です。

現在のガクトさんに霊的な存在が見えているのかどうかわかりせんが、かなり落ち着いているような雰囲気を感じますよね。

そして次にガクトさんの実家を見ていきましょう!

スポンサーリンク

ガクトの実家(父親・母親)は金持ち!?

ガクトは沖縄県で育ったようですが、調べていくと実家は滋賀県の栗東市と言われています。

父親は自衛隊の音楽隊でトランペットを吹いていたようです。

ガクトの父親は自衛官なので給料などは通常の階級によって異なり、音楽隊だからといって特別なものがあるわけではないようです。

給料の返金は600万前後で年功序列で高くなっていき、高い人は1000万を超える給料になるようです。

ガクトの両親はスパルタ教育

ガクトは3歳の頃からピアノを習っており、家にピアノの先生がきていたようで、それを11歳まで続けています。

ガクトの父親は転勤が多かったようで、転勤するたびにピアノの先生が変わっていくほど、両親は音楽に熱心だったようです。

ガクトの母親の情報はあまり出てこなかったのですが、家では毎日クラシックが流れており、ガクトの母親も音楽にかなり関心のある人物だった可能性があります。

ですがガクトは7歳あたりからピアノをしていることが恥ずかしくなり、両親にピアノをやめてもいいと言われるように、先生に嫌がらせをしていたようです。笑

ガクトの両親は子供にスパルタ教育をしていたようで、特に父親はかなり厳しい方だったようです。

ガクトの実家では、食事中に話をするのも禁止だったようです。

そのため、ガクトが直接両親に「ピアノを辞めたい」といっても途中で辞めるなんてこと認めてもらえなかったのかもしれませんね。

結論としてガクトの家庭はセレブというわけではないですが、お金に苦労しているわけではなく、ピアノの先生や習い事ができるほどに裕福だったようですね。

セレブなのはガクトの実家ではなく、ガクトさん自身だったようです。笑

ガクトの両親は韓国人!?

ガクトの両親が在日韓国人という噂があります。

ガクトは語学が堪能で、韓国語も話すことができるためそのような噂が流れているのでしょう。。

下記の動画の0.50秒あたりからガクトが韓国語で会見をしています。

「アジアソングフェスティバル2009年記者会見」の動画を見てもらうと、ガクトは流暢に韓国語で話しているのがわかりますね。

ですが、ガクトの両親が在日韓国人という証拠がありませんし、ガクトは韓国語以外にも英語も中国語も堪能なんです。。

そのためデマの可能性が非常に高いです。

ガクトの見た目も日本人離れしてるので、ガクトの両親は韓国人なのではないかと言われているのかもしれませんね。

ガクトのプロフィール

ガクトのプロフィール
名前:大城ガクト
生年月日:1973年7月4日(47歳)
出身地:沖縄
血液型:A型
身長:180cm
活動開始時期:1999年〜
特技:語学(日、英、中、韓)

ガクトは47歳には到底見えないプロポーションと若さを持っています。

いつまでも若くいれないですが、ガクト見ていたらまだまだ頑張れるってちょっと希望をもらえますw

そんなガクト、実は機動戦士ガンダムというアニメが大好きで、ラジオやライブなど度々ガンダムで使われている言葉を使っているようです。

ガンダムってこんなやつ⇩⇩⇩

絶対生きてたら1度は見たことありますよね?

これがガクトは大好きなようです。

後、ガクトの特技の語学もすごくて、日本語はもちろんですが、英語、韓国語、中国語、そしてなんとフランス語も話す事が可能なようです。

どうなってんでしょうか。

ガクトはいつ勉強しているんですかね。すごい努力家なイメージがあります。

また、ガクトは多方面で顔が広く、ジャニーズとも交流があり、嵐のライブをわざわざ名古屋まで見に行くほどです。

ガクトはコワモテでクールな雰囲気ですが、かなりコミュニケーション能力が高く人脈もすごいです。

そしてガクトといえば、サングラスですが、ガクトは元々目が弱く光を調整する機能が壊れており、特に日差しの下だと光を取り込み過ぎて何も見えなくなるほどであるとコメントしていました。

だからサングラスをいつもかけているのか・・・

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ガクトの生い立ちや実家がお金持ちなのか、実際に調べてみると結構健全に事業や活動していてただのセレブって感じがしましたね。

今後もガクトの活躍を期待しています。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




美容・芸能(整形)ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です