平手友梨奈の生い立ちと幼少期が独特!中学でいじめがあった?

この記事では平手友梨奈の生い立ちと幼少期についてご紹介しています。

平手友梨奈は欅坂46の元メンバーであり、センターを務めて根強いファンが多いことでも知られていますよね。

以前番組内で、「過去に戻りたくない」と発言していたこともあり、生い立ちや幼少期に何があったのか気になるところ。。

今回は、そんな平手友梨奈の生い立ちや幼少期について書いていきます。

スポンサーリンク


平手友梨奈の生い立ち!複雑な家庭環境だった!?

平手友梨奈の生い立ちを見ていきましょう。

2001年6月25日生まれの平手友梨奈は、愛知県の北名古屋市で生まれます。

両親について本人が語っている情報がないのですが、一般的な家庭だったのではないかと予想します。

 

 

もし実際に平手友梨奈が複雑な家庭環境ならどこからか情報が回りそうですし。。

ネット上では、平手友梨奈の両親は地元の北名古屋でラーメン屋を営んでいるという情報もあったのですが、ネットの情報なので事実は不明です。

複雑な家庭ではなかった可能性が高いですが、あまり友達のいない学生時代だったようで、インタビュー雑誌では下記のように語っています。

平手友梨奈の友達に関して
そんなに、友達多いほうじゃないから。みんなの感覚がわかんないです。どれくらいをもってうまくやれたって言えるのか。何人友達がいたら、とか、どこからどこまでが友達って言えるのかもわからないし。今でもまだ、「友達って何?」くらいなところにいるから

引用元:ROKIN’ON JAPAN

平手友梨奈の幼少期!中学でいじめにあっていた?

平手友梨奈の幼少期は、バレエやピアノを習っていて、性格は元気いっぱいで活発な女の子だったようです。

4才の時からピアノを習い始めて、5才からバレエを習っていたとのことで、ダンスが上手いのも納得!

平手友梨奈は以前、雑誌のインタビューで、

「ほんとちっちゃい頃は、めっちゃ元気な子だったんですよ。今のイメージとは全然違うかもしれないけど(笑)『となりのトトロ』のメイちゃんみたいな、あの感じ(笑)意外でしょ?

【引用:rockin’onJAPAN

 

と話しています。

本当に今の平手友梨奈のイメージとは違いますが、想像するだけで可愛らしい女の子だったことがわかりますね♪

平手友梨奈の小学生時代

左の写真は、平手友梨奈の小学校の卒業アルバムです。

もともと平手友梨奈は体が柔らかかったそうですが、小学5年生の時に体が硬くなってしまったとか。。

成長過程だと思いますが、それでもバレエをやめずに続けていました!

平手友梨奈の中学時代

平手友梨奈は「北名古屋市立師勝中学校」に入学しています。

左の写真が、平手友梨奈の中学時代です。

中学ではバスケットボール部に友人が入ったことから、一緒に入部したとのこと!

このタイミングで、長く習っていたバレエをやめています。

そして入部した時に、髪をバッサリ切ってショートヘアに!

バスケ部が厳しかったようで、礼儀をしっかり学んだそうです。

また、平手友梨奈の中学時代は、幼少期とは対照的に暗く一人でいることが多かったようです。

「本当は明るいのに学校で孤立しがちな自分を変えたかった」と、そんな自分を変えようと、中学2年生の時に欅坂46のオーディションを受けたんですね。

 

中学2年生の時に欅坂46のオーディションに受かり、地元を離れて1人で東京の寮に入ります。

中学校も転校し、「江戸川区立葛西第三中学校」に入学!

平手友梨奈は自身の過去を振り返り、

「ほんとなんにもないのかなー特に。記憶がないってのもあるけど。なんか、自分が生きてきたと思えない。思いたくない。だからもう、それこそ、欅坂に入ってからスタートした、みたいな感覚が大きいかな。」

とも発言しています。

さらに欅坂46の「じぶんヒストリー」では「人見知りの性格で転校した中学校に馴染めなかった」「留学も考えるほど辛かった」3:04秒から中学校での大変さを語っています。

 

 

「過去に戻りたくない」とも発言しており、当時中学3年生だったことから一体何があったんだ!?と話題に。。

友達が少ないと公言していたところから、学校生活がかなり退屈だったのかもしれませんね。

いじめられるというよりは、他と全く関わらないという感じだったのかも、、

 

 

 

平手友梨奈は詳しく話していませんが、多感な時期に芸能界入りしたり転校したり、親元を離れて寮生活を送ったことで何か心に変化があったのかもしれませんね。

 

 

学校でもクラスに馴染めないと悩んでいたそうなので、もしかしたらイジメを受けていた可能性もあるかも。。

あくまで予想ですが。。

 

スポンサーリンク

平手友梨奈の高校時代

 

平手友梨奈は「日出高等学校」の普通科に入学しています。

芸能コースで通っていたようで、日出高等学校には全日制と通信制があるのですが、平手友梨奈は制服を着ていたことから全日制に通ったと予想できます。

日出高等学校の通信制には制服がないので、お仕事と両立して全日の高校に通ったようです!

平手友梨奈は高校生になったら、「いろんな制服を着て放課後はカフェでおしゃべりしたい!」と語っていました。

ですが、高校時代の平手友梨奈はあまり元気がありませんでした。

紅白歌合戦では倒れてしまったり、その後も怪我をして休養したり。。

 

プロデューサーの秋元康に怒ったこともあったそうで、秋元康が平手友梨奈に「この楽曲どう?」などと相談することがよくあったそう。

その時、平手友梨奈が良いといった楽曲を他のアーティストに提供して、平手友梨奈が怒ったそうです。

平手友梨奈はこだわりが強いので、秋元康も「平手友梨奈は大人とぶつかることが多い」と話していました。

平手友梨奈のデビュー当時!

平手友梨奈のデビュー当時、2016年の写真はこちら。

 

左側の平手友梨奈がデビュー当時です。

この時14歳なこともあって初々しくて可愛いですね♪

 

今はクールな印象がありますが、平手友梨奈のデビュー当時は可愛らしい感じですね。

 

デビューしてすぐにセンターを務めて、苦労もあったでしょうね。。

中学生の時に過去に戻りたくないというくらいですから、華やかな世界の裏では計り知れない苦労があったのかもしれませんね。

平手友梨奈の生い立ちが原因!?笑わない理由

そんな平手さんですが、デビュー当時はアイドルらしい笑顔で活動されていました。

いつから、様子が変わってしまったのか。いつから笑わなくなったのか。

まず、そもそも平手さんが所属していた欅坂46は、「黒い羊」「不協和音」などといった従来のアイドルのイメージを覆す新しいアイドルとして売り出していました。

さらにそんなグループのコンセプトが「笑顔を売らない」だったようです。

 

従来のアイドルは、常に笑顔でキャピキャピ可愛いのが一般的でした。

その逆をつくというのは新しいですよね。

歌唱中も「笑わない見せ方」というのがグループの方針だったようで、「笑顔禁止」が暗黙のルールのようになっていたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

平手友梨奈は人見知り!心を開いてる相手は志尊淳!?

平手友梨奈は人見知りで、自分でも公言しているほどです。

2020年1月23日に乃木坂48を卒業してから、女優業に力を入れているので今後改善されていくかもしれませんが、今現在はまだ人見知りのようです。

スタッフであっても、初めて会うと目を見れないそうです。

そんな平手友梨奈が2021年1月18日に放送された「しゃべくり007」に出演した際、志尊淳との意外な関係を明らかにしました!

 

平手友梨奈は人見知りですが、志尊淳と岡田将生に心を開いており、プライベートで食事したりゲームをするほど仲が良く、時には口喧嘩もするんだとか。

志尊淳から見た平手友梨奈は妹みたいで「本当に人懐っこい」と話していました。

 

意外な平手友梨奈の一面ですよね♪

平手友梨奈と志尊淳、岡田将生は映画「さんかく窓の外は夜」で共演したことをきっかけに、仲良くなったようです。

平手友梨奈の生い立ちと幼少期は活発な女の子だった!

 

平手友梨奈の生い立ちと幼少期をご紹介しました!

今とはイメージが違いますが、元気で活発な女の子だったようですね♪

中学生の時くらいからクラスに馴染めなかったり、「過去に戻りたくない」と発言したりと何かに悩んでいる様子がありました。。

ですが仕事と両立しながら頑張ってきたようです。

これからも平手友梨奈の活躍に期待ですね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



コメントを残す