吉本興業社長の岡本昭彦の年収・経歴がヤバイ!ダウンタウンの元マネとかまじか!

カラテカ入江慎也さんの闇営業問題で次々と吉本興業所属の芸人が謹慎させらていますが、今回はその吉本興業の最高意思決定権をもつ社長岡本昭彦さんの年収経歴を紹介していきたいと思います。

過去にはなんとダウンタウンのマネージャー、東野幸治さん、今田耕司さん、板尾さん、キム兄などのマネージャーをしており、現在お笑いの柱担っている芸人を知り尽くしていると言っても過言ではないですね。

2019年7月20日(土)の宮迫、ロンブー亮の会見では吉本興業社長岡本昭彦さんに会見を開かないように圧力をかけられたとみられる発言があり、芸能界騒然となっていました。

それでは吉本興業社長である岡本昭彦さんの年収経歴、過去のエピソードをみてみましょう!

昔の岡本社長です。(ダウンタウンの昔のマネージャー)

吉本興業社長の岡本昭彦の年収が半端ない!

吉本興業社長の岡本昭彦の年収をここでは調べてみましたが、本当に半端ない額になりそうです。。。

岡本昭彦さんは2020年9月現在、吉本興業の代表取締役社長となっています。

吉本興業の会社の概要も少し触れますね。

□吉本興業会社概要
本社:大阪
資本金:1億円
株式上場:非上場
創業:1912年
社員数:760名(男性:416名/女性:344名)
売上高:非公表
2018年:純利益7.1億円→引用元

 

会社としてはホールディングス化しており、傘下の会社が売り上げをあげている感じです。

会社としてはかなり優秀な会社で、銀行からの借金がほとんどないようです。

長期で返済しなければいけない借金がない会社はかなり優秀で、自社の資金で様々なイベントや建物の増改築を行なっているようです。

また、劇場などの不動産も豊富に所有しており、今回の闇営業や暴力団との関係など昔から取りざたされていましたが、とても健全な財務体質のようです。

借金が少ない会社の例でいうとグリコも有名です。

正直、吉本興業なめてましたけど凄いですw

ダウンタウン明石家さんま。。。まぁそりゃ凄いか。。。

2019年7月20日(土)15時〜宮迫、ロンブー亮が会見で謝罪していましたが、現在入江さんは一体今どうしているのでしょうか?

さらに売上高も完全に公表されていませんが700億ほどのようです(引用元

芸能事務所としては超一流の会社です。

そんな吉本興業の社長である岡本昭彦さんの年収は正確には公表されていませんがこれくらいだと予想します。

年収推定7億円

👏👏👏

この年収推定7億円は適当に弾いたものではなく、根拠となるものがあります。

それはジャニーズ事務所の売上高とジャニー喜多川さんの年収です。

ジャニーズ事務所売上高が1,000億円ほどだそうで、吉本興業は700億円です。

そのジャニー喜多川さんの年収は推定で9億円だそうで、吉本興業の社長の7億はそんなにおかしい数字ではないと思います。

同じ芸能事務所でどちらも一流の会社なので7億は多いかもしれませんが、前後している可能性は高いのではないでしょうか?

さんまさんの活躍がデカイとみた。。。笑

これほどまでに上の人間が年収をもらっていると言う事は吉本社員に関してもかなりの給料をもらっていると想定されます。

このような給料の維持や高給取りの影響で吉本タレントがギャラが安く貧乏まっしぐらになってしまっている可能性があるとするなら闇営業と無関係ではない気がしますね。

そんな岡本昭彦さんの年収がわかったところですが、、、

この岡本昭彦さん、相当凄い経歴でした。。。

経歴、みてみましょ!

吉本興業社長の岡本昭彦の経歴が凄すぎる!

ここでは吉本興業社長の岡本昭彦の経歴を紹介したいと思います。

岡本昭彦さん、外部からきた社長ではなく、しっかりと吉本興業に入社している社員です。

岡本昭彦の経歴

1966年生まれ(53歳)

1991年:天理大学外国語学部インドネシア学科卒業

1991年:吉本興業入社

1993年:ダウンタウンマネージャーへ

2020年:吉本興業社長

入社2年目でなんと、、、、ダウンタウンさんのマネージャーになっていたようです。

ダウンタウンの若い時といえば、相当怖かったとい噂があります。。。

下記はダウンタウンのやっていた「ごっつええ感じ」の浜ちゃんドッキリですが、、めちゃくちゃ怖いです。。。笑

ダウンタウンのマネージャーを終えてからは東野幸治さん、今田耕司さん、板尾創路さん、木村祐一さんなど、現在のお笑い界の中心人物のマネージャーを歴任していたようです。

まさに吉本興業の屋台骨を支えるような凄腕の社員だったようです。やはり、吉本興業の歴史はさんまさん、ダウンタウン、などなど大御所抜きでは考えられないような状況になっていますね。

そんな岡本さんですが、ダウンタウンのマネージャーをしていた時のダウンタウンからされたエピソードが面白いです。笑

ダウンタウンにお宅訪問されてた過去が面白い!

岡本昭彦さんですが、ダウンタウンのマネージャーに就任してから、お宅訪問をダウンタウンから受けており、ボコボコにされています。笑

これが現在では社長で年収数億というのが面白いですね。笑

さらにガキ使の企画では、山崎邦正さんにどつかれています。笑

今や社長ですが、昔はこのような下積みの時代があったんですね。笑

まじで面白い経歴ですね。

以上で岡本昭彦さんの過去の面白エピソードは終わりです。

 

スポンサーリンク

闇営業に対する吉本興業の方針は島田紳助の件から強力に!

今回の闇営業の件で、正直宮迫さんやロンブー亮さんら11人の謹慎はやりすぎでは?と言う声もあったと思います。

スポンサーが許さないという事は別の話としてありますが、仮にも謹慎させられた11人は反社会勢力とわからずに参加していました。

宮迫さんに関しては復帰が絶望とも言われており、かなり厳しい処分なのではないかと思っていましたが、この背景には島田紳助さんの一件があるのでは?と思います。

島田紳助さんは反社会勢力との関係から2011年に芸能界を引退しています。

この時に、芸能界全体として引退を止める風潮もありましたが、反社会勢力との繋がりは一切許されないとし島田紳助さんは芸能界引退を決意しました。

島田紳助さんは引退まで決意したのに、他のタレントが罰則を受けないはずがないという考えも今回吉本興業としてはあったのではないでしょうか?

吉本興業は自社のHPで反社会的勢力との関係断絶の宣言をしています。

今後もこのような闇営業からの反社会的勢力との繋がりは出てくると思いますが、吉本興業としては宮迫さんほどのタレントを処分するほどですから、かなり強く宣言しているのだと思います。

もうちょっと所属芸人たちにいいギャラを振り込んであげられれば闇営業せずに済んでいたんでしょうかね。。。残念です。

今後もクリーンな会社経営をしてほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後の吉本興業の対応に注目ですね。

今回の記事はここで終わります。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




美容・芸能(整形)ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です