新元号の意味合いや由来は何?意外なアレが関わっていた?

今回の記事は新元号の意味合いや由来に関して書いていきたいと思います。

新元号は2019年4月1日の昼に発表されましたが、一体どのような意味合いが新元号にあるのか興味ありますよね。

今までの元号である「大正」「昭和」「平成」に関してもそれぞれ意味合いや由来がありました。

過去の「大正」「昭和」「平成」に関しても新元号と共に由来や意味合いを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


新元号〇〇の由来とは?

新元号の由来は現在発表前で編集中です。

発表され次第こちらに書いていきたいと思います。

過去の元号である「平成」の由来や意味合いとは?

引用元:(写真:Fujifotos/アフロ)

平成の始まりから終わり 1989年1月8日~ 2019年4月1日

平成の由来や意味合いというものは下記のようです。

「天地、内外ともに和が達される」

意味は想像できるかと思いますが、天も地も内も外も平和であってほしいとの願いが込められていますね。

この平成の由来に関しては2つの文書から抜粋して作られたものであり、東洋史学者で東京大学名誉教授の山本達郎氏によって提案されたもののようです。

1つ目が『書経』偽古文尚書・大禹謨の「地(地平かに天成る)」からの引用。

2つ目は『史記』五帝本紀の「内(内平かに外成る)」から引用されたようです。

元号は辞書に載っていない造語が基本とされているので、このような昔の文書からの抜粋を組み合わせて作られるようです。

色々ルールがあって選択するのが難しそうですよね。

スポンサーリンク

過去の元号の昭和の意味合いや由来とは?

引用元:http://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/70kinenshi/category/showa/

昭和の始まりから終わり 1926年12月25日~1989年1月7日

昭和の意味合いや由来は下記になるようです。

「国民の平和と世界の共存繁栄を願う」

この元号が抜粋されたのは書経と呼ばれる中国の歴史書であり、その中の下記の記載から抜粋されています。

『書経』(中国の歴史書に)の「百姓明、協万邦」という記載があり、そこから二文字を抽出して「昭和」としたようですね。

とにかくどの元号も基本的に国民も世界も平和でありますようにっていう願いが込められています。

あまり独特な意味合いは国の元号に合わないので、基本的には「平和第一」って感じになるのはわかりますね。

スポンサーリンク

過去の元号の大正の意味合いや由来とは?

引用元:http://network2010.org/article/106

平成や昭和の意味合いは結構似ていると思いましたが、大正の意味合いは少し違っています。

「 大正 」の由来は『 易経 』彖伝・臨卦の「亨以、天之道也 」( 大いに亨《 とほ 》りて以て正しきは、天の道なり )

難しい。。。

こういう昔の文書って本当に読みづらいですよね。

この文章は何が言いたいかというとつまり下記になるようです⇩⇩⇩

「 天が民の言葉を嘉納し、政( まつりごと )が正しく行われる 」

これでも難しいですね。

つまり説明すると「天」とは国のトップだと思われますが、国のトップが政治を正しく行いますようにという思いを込めて作った元号だと思われます。

大正といえば1912年7月30日~1926年12月25日までの期間を言い他国との戦争を繰り返していた時期でもあります。

背景にはそのような戦時中の政治に関しての思いや思想が取り入れられていた可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新元号になって国民の気持ちも新しくなった感じがして、なんだか清々しいですね。

これからは新元号で気持ち新たに新しい時代を平和に過ごしていきましょう。

今回の記事はこの辺りで終わります。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です