青酸カリの製薬会社名はどこで名前は?大阪・鳥居【破壊】のターゲット複数か!!??

青酸カリ製薬会社へ送りつけると脅迫文が話題になっています。

青酸カリ脅迫文が送られた製薬会社名名前どこ会社なのか、

大阪鳥居がターゲットにされているのかなどを調べていきたいと思います。

まずは事件の概要から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


青酸カリ事件の概要

今月25日、大阪市内の製薬会社に

「3500万ウォンのビットコインを送らなければ悲劇が起こる」などと書かれた、

脅迫文と白い粉末が届き、粉末から青酸カリが検出されました。

その後、同様の文章と粉末が大阪市内のほかの製薬会社2社にも届いていたことが新たにわかりました。

28日、この2社から警察に申告があり発覚しました。

引用元:MBSニュース

謎の脅迫文です。

実際に脅迫文と粉末が届いており、それも複数の製薬会社へ届いているようです。

その粉末は本当に青酸カリだったのでしょうか?

3500万ウォンのビットコインって円換算したらいくらなんでしょうか?

色々と疑問が出てきているので、ちょっとそれぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク

3500万ウォンって円で言ういくら?

3500万ウォンって韓国の通貨ですね。

なぜウォン閑散なのか不明です。

犯人が韓国の人間なのでしょうか?

そして3500万ウォンを円に変えてみました。

下記が3500万ウォンの円です。

3500万ウォンを円に
3500万ウォン=

341万8,563円

約340万

ウォンを円に変えるときは、ウォンの0を1つ消せば大体の金額になるようです。

というか、めっちゃ少なくないですか?

脅迫文を書いて青酸カリを送りつけているところを見ると、

数千万〜億の金額を要求していると思っていましたが、

まさかの340万円。

お金は必要ないのでしょうか?愉快犯の可能性が高くなってきました。

スポンサーリンク

製薬会社に届いた白い粉は本当に青酸カリだったのか?

警視庁は製薬会社に届いた白い粉末を簡易鑑定を行ったところ、

粉末は青酸カリとみられるということです。

本物の青酸カリってことですか。。。

かなり本気なのでしょうか?

そもそも青酸カリって何なのか、

青酸カリってそんな簡単に入手できるのか調べてみました。

スポンサーリンク

青酸カリとは?

毒物及び劇物指定令で「シアン化合物」として毒物に指定されているものです。

化合物というのは2種類以上の物質が結合されてできた物質です。

難しいですね、要するに猛毒の粉って認識をしていただければいいです。

そしてこの青酸カリが人体に及ぼす影響が半端じゃないです。

摂取後15分で命を落とします。

摂取した場合の症状としては、めまい、嘔吐、

激しい動悸と頭痛などの急速な全身症状に続いて、痙攣が起きる。

致死量を超えている場合、適切な治療をしなければ15分以内に死亡する。

しかし、劇物指定薬をどのように入手したのかかなり気になります。

劇物は特定の人物しか手に入れることができないはずです。

スポンサーリンク

青酸カリの入手経路や方法は?

青酸カリは指定薬局や指定業者で購入が可能のようです。

しかし、一般消費者が購入するには下記の項目の記載が必要のようです。

・購入者の詳細なプロフィール

・必要とする正当な理由

・安全に使える技術のある事の証明

・使用に当たって出ると思われる廃棄物の処理方法

一般消費者が購入しようものなら、薬の名前を出しただけで、

通報される可能性があるほどの毒物のようですね。

こうなると普通の人では購入できない可能性が高いです。

ちょっと一般人が購入するにはハードルが高い気がしますね。

という事は、この青酸カリを送りつけた人物は薬に関してある程度の知識がある人間で、

薬局や指定業者から、青酸カリを購入してもおかしくない人間かもしれませんね。

そんな青酸カリが届いた製薬会社名や名前はどこだったのでしょうか?

スポンサーリンク

青酸カリが届いた製薬会社名・名前、大阪や鳥居がターゲット?

この青酸カリと脅迫文が届いた、製薬会社名や名前を調べてみました。

大阪の製薬会社に多く届いているようなのですが、ネットでは鳥居という言葉が出てきました。

製薬会社名なのですが、調べみましたが、1社しか名前が出ていませんでした。

その1社とは日本たばこ産業(JT)子会社の「鳥居薬品」という会社のようです。

これが鳥居というネット上に出てくる検索ワードだったようですね。

下記に製薬会社以外も含む青酸カリが送られてきた会社を載せておきます。

大阪に製薬会社が多かったことから、大阪の製薬会社と言う事がネット上で一人歩きしていたようで、

実際は東京や北海道など様々なところに届いています。

・鳥居薬品(引用元:YOMIURI ONLINE)

・都内製薬会社6社

・毎日新聞社東京本社

・大阪市内の製薬会社

・札幌市内の食品会社

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20190125-OYT1T50100.html?from=ytop_main2
引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40552020Y9A120C1CC0000/

製薬会社の名前が出てきていないのは、風評被害が起こるからだと思われます。

ただ、鳥居薬品だけは、名前を出しています。

もしかしたら鳥居薬品は一般の消費者が購入できない、

異物が混入しようのない製品を作っているのかもしれません。

異物混入がない自信の表れかもしれませんね。

全部で十数社になっているようで、犯人の意図がわかりませんが、

犯人の脅迫文にオウム真理教の幹部の名前が列挙されていたようです。

まだ、犯人の手がかりが出てきていませんが、本物の青酸カリが届くという異常事態なので、

警戒が必要なのは確かです。

市販の医薬品に青酸カリが混ざってしまう事はよっぽどないとは思いますが、

その可能性があるというだけで怖いので、早急に犯人を捕まえて欲しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こんな事して何になるのか犯人の意図が本当に不明です。

風評被害をうむだけで企業にとってはかなり迷惑だと思います。

特定の人間しか手に入れることができない薬物なので、

犯人の入手経路など特定しやすいのかなと思いますし、

早く犯人を捕まえて欲しいですね。

今回の記事はここで終わります。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です