ライザップ経験者が語る!ライザップをやめた方がいい理由が超意外!

今回は、ライザップに実際に通っていた経験をもとに、ライザップをやめた方が良い理由に関して紹介したいと思います。

ライザップではトレーニングと食事指導でボディメイクをしていきますが、短期間で成果を出す裏には様々なデメリットもあります。

とは言え、ライザップに入会するとしっかりと得るものもあるのでそちらも紹介していきます。

実際にライザップを経験して感じたやめた方が良い理由は下記になります。

この記事の結論
  • 食事制限が結構ハード
  • 筋トレが結構ハード
  • 本気で取り組めば短期間で人生が変わるくらい痩せることができる
  • 痩せ方を学ぶことができてライザップ後も自分で実践ができる

デメリットだけではなくメリットも説明するので参考にしてみてください。

体験談!ぶっちゃけライザップはやめた方がいい?

ここから実際にライザップに通っていた私の経験をもとにライザップをやめた方が良いのかお伝えしていきます。

ちなみに私は女性になります。

ライザップの基本的なメニューはトレーニングと食事指導です。

筋トレで体にメリハリを付け、食事を変えることで体脂肪を効率よく減らしていきます。

運動と食事というダイエットの基本ともいえる内容ですが、短期間での大きな変化にはデメリットもあり、ここにライザップをやめた方がいい理由があります。

まずはライザップのトレーニングと食事指導について説明します。

ライザップのトレーニングの裏側

ライザップのトレーニングは週に2回、150分が基本となります。

トレーニングには有酸素運動と無酸素運動の2種類がありますが、ライザップでは無酸素運動でトレーニングを行います。

サトシ
サトシ
有酸素運動と無酸素運動ってどんな違いがあるの??

有酸素運動と無酸素運動の違いを下記に説明しました。

筋トレ or  ランニングってイメージです。

  • 有酸素運動:酸素を使って体脂肪を燃焼することによってエネルギーを生み出す運動。(ウォーキング軽いジョギングなど)
  • 無酸素運動:酸素を使わずグリコーゲン(糖質)を分解することによってエネルギーを生み出す運動。(短距離走筋トレなど)

 

無酸素運動とはつまり、筋トレのこと。

ライザップでは50分間、みっちりトレーナーとマンツーマンで筋トレを行います。

無酸素運動では脂肪は燃焼しませんが、筋肉がつくことで基礎代謝が上がり、太りにくい体づくりにつながります。

また、筋肉を稼働させることで見た目も引き締まっていき、有酸素運動よりも理想の体型にボディメイクがしやすくなります。

しかし、ライザップの契約はおよそ2ヶ月〜3ヶ月、2回のトレーニングを8週間〜12週間行うものがスタンダードとなります。

体験した個人的な意見で言うと2ヶ月で体を劇的に変えるというのは、かなり体に負荷をかける感覚があります。

本来筋トレでのボディメイクで変化が出始めるのは3ヶ月目くらいからです。

周りから気づかれるほどの変化は半年くらいかかるのが普通です。

2ヶ月間、週に2回のトレーニングで変化を出すということは1回あたりの強度は思った以上に高い。

サトシ
サトシ
運動を日常的にしていない人は筋肉を痛めないように体の状態を整えるところからになるので2ヶ月で十分な変化が望めないこともあるかも。

ライザップに入会するか迷っている人はライザップ入会前にみるべき質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

2ヶ月で結果を出すために筋トレも重点的に行う必要があるのですが、食事制限も厳しいものがあります。

ライザップの食事制限の裏側

ライザップ流の食事法は簡単にいうと「低糖質・高たんぱく」を意識することです。

これも健康的なダイエットにおいて基本的なことといえます。

しかし、2ヶ月で結果を出すだけあってここも重点的に制限する必要があります。

ライザップの糖質制限が合わない人もいるくらい、しっかりと制限するプログラムになっています。

ただし、ライザップでは30日間全額返金保証という制度があり、トレーニングや食事制限が合わない、途中でやる気がなくなったなど、あらゆる理由での退会が30日間であれば認めれています。

詳しくはライザップを途中でやめる方法に記載したので参考にしてみてください。

それでは、ライザップでの低糖質と高タンパクについて説明していきます。

・ライザップでの低糖質な食事制限

まずは低糖質に関しての説明なのですが、低糖質とは糖質(炭水化物)を控えること。

体の主なエネルギー源は糖質と脂質です。

摂取した糖質は、グリコーゲンという成分になり体内に蓄えられます。

しかしグリコーゲンが体内にあるかぎり優先的に利用されるので、脂質のエネルギー源である体脂肪はあまり使われる事がありません。

エネルギーとして使われる優先順位

  1. グリコーゲン(糖質)
  2. 体脂肪(脂質)

糖質を控えることで、グリコーゲンが体内からなくなるため、体脂肪が優先的にエネルギーとして使われるようになります。

美容部員 ももこさん
美容部員 ももこさん
減量を行うときに筋トレと糖質制限の相性がいいのはこれが理由

通常、筋トレはグリコーゲンがエネルギーとなり体脂肪は燃焼されませんが、糖質を制限してグリコーゲンがなくなることで体脂肪(脂質)がエネルギーとして使われ、効率良くボディメイクできるということです。

流れをまとめてみたのでイメージしてみてください。

筋トレ→グリコーゲン(糖質)がエネルギー

↓↓↓

糖質制限→体内からグリコーゲンが減少

↓↓↓

体脂肪(脂質)がエネルギーとして燃焼される

ライザップでは1日あたりの糖質を50g以下に抑えるように指導しています。

50gというのは割と厳しい数字です!

どれくらいかというと下記!

  • 白米・・・お茶碗1
  • バナナ・・・2.5
  • りんご・・・1.5
  • みたらし団子・・・2
  • ショートケーキ・・・1

 

なんと、白米をお茶碗1杯分食べただけで超えてしまうんです!!

つまり、3食のうち炭水化物をとれるのは1食分になるということ。

炭水化物好きにはきついかも。。。

おやつ食べたらそれだけでオーバーするレベルです。

キツすぎる制限でストレスが溜まってしまい思うように体重が減らない・・・などといった危険も出てきてしまいます。

糖質制限はダイエットにおいてとても効率が良い方法なのですが、ライザップは2ヶ月という短期間で結果を出さなければならないとあって設定は多少ハードではあります。

続いて高タンパク質に関して!

ライザップの高タンパクな食事制限

炭水化物は制限されていますが、逆にライザップでは、たんぱく質をたくさん摂取することを推奨しています。

たんぱく質は皮膚・血液・臓器など、身体のあらゆる組織の材料となっています。

そして、ボディメイクをする上で重要な筋肉も、たんぱく質から作られています。

筋肉量を増やすことはリバウンドしないダイエットのためにとても重要。

食事制限だけでのダイエットはリバウンドリスクが高い!

ライザップの入会者のライザップ終了後1年間のリバウンド率が200名のアンケート結果で7%程度という数値が出ています。

なぜここまでリバウンドを抑えることができるのかというと、ハードな筋トレに加えて高タンパクな食事を取るからです。

筋肉が肥大する上で最大限プラスになる量のタンパク質を摂取することで基礎代謝が大幅に上がることになります。

一方でよくみられる筋トレをしない食事だけのダイエットの場合は下記のような負のサイクルが起きてしまいます。

食事量(摂取カロリー)を減らす

↓↓↓

体重は減るが基礎代謝も下がる

↓↓↓

さらに食事量を減らす

↓↓↓

体重が目標まで減りダイエット終了!

↓↓↓

食事を戻す

↓↓↓

基礎代謝はダイエット前と同じなので食事を戻すとリバウンドする

体重が減ると、基本的には基礎代謝も下がるので注意が必要です。

当たり前ですが、食事制限だけで体重を落とすことはリバウンドのリスクが高めることにつながるのです。

サトシ
サトシ
食事制限と筋トレを組み合わせることでリバウンドのしにくい体を作るよ

リバウンド対策で重要なのはやっぱり筋トレです。

筋肉量が増えると代謝が上がります。

体重が減っても代謝が下がりにくくなり、痩せやすく太りにくい身体を手に入れることができます。

しかし、どんなに筋トレをしても筋肉を作る素となるたんぱく質がなければ意味がありません。

トレーニング後1時間以内にたんぱく質をとることで筋肉量を効率的に増やして行くことができます。

女性でよく、ムキムキになりたくないと筋トレを避ける人がいますが、女性は筋トレをしたからといって、そう簡単にムキムキになることはありません。

筋トレをすることで部位ごとに引き締めることができ、メリハリのあるボディラインを目指すことができるので筋トレは女性にもお勧めです。

サトシ
サトシ
食事量を減らすだけのダイエットをした人のほどんどが、目標体重まで減量しても体型に満足できないっていうデータもあるよ

ライザップで指導される摂取が必要なタンパク質の量なのですが、1日に体重×12gのタンパク質をとるように指導されます。

体重60kgの人なら60120 g。

体重50kg程度の女性なら50g〜100g

体重が70kgほどの男性であれば70g〜140g

とくに運動した直後の食事や次の日はしっかりタンパク質をとることが重要とたたき込まれます。

タンパク質60gというのは意外と意識しないと取れない量なので私もちょっときつい時期がありました。

  • 鶏ささみ100g・・・23.0g
  • 鶏むね肉100g(皮なし、焼き)・・・38.8g
  • 豚もも肉100g・・・20.5g

肉類にはタンパク質が多く含まれているので積極的に摂取するようにしましょう。

ただし豚肉などは部位によっては脂質が高いものがあるので鶏肉がおすすめ。

トレーニング後は手軽にタンパク質をとれるようにプロテインを飲むのもいいでしょう。

糖質制限に比べて簡単そうですが、高タンパクで低糖質な食材は限られてくるので毎日同じようなメニューになり、飽きが来て挫折してしまうことも少なくありません。

ダイエット中はストレスが大敵です。

キツすぎる制限を意識するのではなく、その範囲で食べられる食材を選択し、調理法を工夫することを楽しむような前むきな気持ちが必要です。

ライザップはダイエットの他に独自の食事制限を活かして太りたい人向けのコースもあります。

ガリガリ、細すぎるのがコンプレックスな人はライザップの太りたい人向けのコースを参考にしてみてください。

ライザップをやめた方がいいと思うデメリット

前述したように、ライザップのトレーニングと食事指導をしっかりとこなせば、短期間での劇的な変化も夢ではありません。

しかし短期間で効果を出すことにはデメリットも伴います。

ライザップをやめた方がいいデメリット

  • ズルすると効果がでない
  • モチベ維持が意外と難しい
  • リバウンドする可能性が高い

 

モチベ維持が意外と難しい

ライザップでは、通常の生活よりも制限された食事やトレーニングを行いますが、これに関して結果が出づらいとモチベーションの維持が難しくなってきます。

体は2ヶ月で変わり始めてくるのですが、人によっては大きく変化が見られるのはそこからもう1ヶ月後だったりします。

この結果が出つつあるけど大きくは出てないフェーズが結構苦しいんです。

やはりダイエットは精神状態が大きく影響します。

嫌いやトレーニングをするなど、痩せたい気持ちをストレスが上回っているときは効果が出づらいです。

結果でないとトレーニングが嫌になるし食事制限も嫌になります。

こういった負の連鎖が始まってしまうと結構辛いので、途中でやめるのもありです。

ライザップは途中でやめる制度や30日間の返金保証なども整っているので「これはモチベ維持できないな」と思ったら、30日間以内に解約すると、料金が全額返金されます。

ズルをすると効果がでない

本来、ボディメイクは半年から1年以上かけて行うものです。

ライザップでは短期間で効果を出すために高めの運動強度と通常の生活よりもハードな糖質制限を行っています。

このためライザップのトレーニングと食事指導は厳しいと感じる人も中にはいます。

だらだらとトレーニングをして、重いダンベルに挑戦しなかったり、トレーナーへの食事指導に対してしっかり報告しなかったり、改善を試みたりしなかったら全く意味がありません。

ゆっくり時間をかけて痩せましょうというジムではないので、2ヶ月間やり抜く覚悟を持って入会しないと思うような効果がでないのでここは注意が必要です。

ライザップでは最高のトレーナー、設備、食事プログラムが揃っており環境はこれ以上ないと思います、しかし実際に痩せるためのアクションを行っていくのは自分自身です。

ライザップを終えて家に帰ってからは誰にもみられていません。

ここで踏ん張れるかどうかは正直ライザップは関係なく自分自身との戦いになります。

リバウンドする可能性がある

ライザップは短期間で減量をするという性質上、リバウンドのリスクはゼロではありません。

ライザップに通い2ヶ月で10kg痩せた、など、大幅な減量をよく耳にしますが、短期間での減量は長期間かけての減量に比べ、維持するのが難しい場合もあります。

継続しにくい食事管理が原因となっているパターンがあります。

ライザップが推奨している糖質制限はやはりライザップ前の食事とは違って多少の我慢も必要です。

これからの人生ずっと糖質を50g以下で過ごすのはできたとしても幸せな生活と胸をはって言える人は少ないでしょう。

ライザップに通う期間が終わった後に食事を戻していく過程で少しリバウンドしたとしてもそれは当たり前。

そのあとに継続可能な範囲で健康的な食生活を考えることが重要です。

さらに言えば代謝が下がるとその分リバウンドしてしまう可能性が高くなります。

食事は徐々に元に戻っていくのかもしれませんが、筋力を低下させないように定期的なトレーニングを行うことが重要です。

サトシ
サトシ
2ヶ月間頑張ったからどうせなら維持し続けたい!

一旦は少しのリバウンドをするかもしれませんが、ライザップが終わったあともジムなどで筋トレを続け、ストレスのない範囲で食事選択を行うことが必要です。

サトシ
サトシ
ダイエットは一時的なものではなく生活そのものなのです!!

ライザップに通うメリット

ここまでライザップのデメリットに関して説明しましたが、もちろんですが悪いとこばかりではありません。

デメリットを考えた上でもライザップに通うことで得られるメリットも説明します。

ライザップに通うメリット
  • ダイエットが初めての人は知識が身につく
  • 短期間で確実に減量ができるメニューになっている

 

ダイエットが初めての人は痩せるための知識が身につく

ダイエットが初めての人や、今までダイエットに挑戦しても痩せることができなかった人はライザップに通うメリットは大きいといえます。

ライザップのトレーニングライザップの食事制限のところで説明したように、ライザップでは痩せるメカニズムを確実に実行することで減量を実現することができます。

知識がないままダイエットに取り組むと、何となく食事量を減らしたりジョギングを始めてみたりして一時的に体重が減ります。

しかし続けられずにリバウンドしたり、自己流の食事制限によ必要な栄養まで足りなくなり肌荒れや便秘などの不調を起こしたりということが起こりうります。

ダイエットは今、誰もが一度は考えたことがあるような気軽なものになっていますが、知識のない状態でのダイエットはとても危険だという認識が必要です。

特に、栄養を考えす食事量を減らすだけのダイエットをしたことがあり、その後食事量が戻りリバウンドをしたことがある人は「痩せにくい体」になっています。

食事量を減らすだけのダイエット

例えば、基礎代謝が1200kcalの人の場合

・1日の摂取カロリーを1100kcalに減らし、体重が減る

↓↓↓

・体重が減ると基礎代謝も下がる。→基礎代謝1100キロカリーに

↓↓↓

・食事量を元に戻す→リバウンドして元の体重に戻る

↓↓↓

・また摂取カロリーを1100kcalに制限する

↓↓↓

・基礎代謝は1100カロリーのままなので体重は減らなくなっている

このような経験がある人は、自力でダイエットをして成果を出すことが大変難しい体の状態になっています。

正しい強度の筋トレや栄養(特にタンパク質)の摂取をしていくことで基礎代謝を上げて、まずは痩せにくい体の状態から抜け出す必要があります。

しかし、今までの食習慣を自力で変えるというのはなかなか難しく、筋トレも短期間で成果を出す強度のものを正しいフォームで初めから自力行うのはかなり難しいです。

ライザップでは正しい知識を持った専属のトレーナーが2ヶ月間ついてくれるので、食事の悩みや気をつけるべきことを逐一アドバイスしてくれます。

また、食事管理を何となく行っていると、いつのまにか「ただ我慢している」という状態になっていることが多いです。精神力に頼ったダイエットはいつか限界が来てしまいます。

なぜこの栄養素をとる必要があるのか、なぜこの食材は控えた方がいいのか、パーソナルのトレーニングのメリットはそういった疑問にしっかり答えてもらうことができ、自分に合ったアドバイスがもらえるところにあります。

高いお金を払っているので遠慮せずにトレーナーの知識をたくさん借りて、密にコミュニケーションをとることで、ライザップを最大限活用できます。

また、ライザップが終わったあとも、全く同じ糖質制限などを一生続けるのは現実的ではありませんが、体のことを考えた食生活が身につき、摂取カロリーを減らすだけの体に負担のあるダイエットの負のスパイラルに陥ることはもうなくなるはずです。

ちあき
ちあき
ダイエットは「食事を我慢」するのではなく「食事を選択する」ことが大切です。

とにかく短期間で確実に痩せることができる

ダイエットというのは、一時的に生活を我慢して行うものではなく習慣化が必要です。

しかし、「とにかく体重を落としたい」場合はあまり時間をかけず2ヶ月ほどの短期間で行う方が望ましいです。

短期間が望ましいというより、減量するための食生活を長期にわたって行うことは難しいからです。

ライザップでは徹底的な高タンパク低糖質の食事と、ひとりひとりに合わせた強度の筋トレで短期間で減量が見込める内容になっています。

先述したとおり短期間での減量はリバウンドのリスクは高いですが、達成感や自信にも繋がります。

また、せっかく落とした体重をもとに戻したくないという心理も働きます。

2ヶ月間のトレーナーからの指導で、ライザップに通う前の生活はなぜ太ってしまったのか原因はわかるようになっているはずなので正しい知識で継続可能な食習慣、運動習慣をライザップ卒業後にも行うことができれば、大きなリバウンドをすることはないでしょう。

本来、短期間での大幅な減量は体に大きな負担がかかるものです。

知識なく短期間で痩せようとしても、ボディラインには変化がなく満足できなかったり、精神面でのダメージにつながってしまう危険性もあります。

プロのトレーナーのアドバイスをしっかり受けて、体のケアをしながら減量を進めることが望ましいです。

直近で痩せたい予定がある人はライザップでの指導は非常に有効と言えます。

時間をかけて緩やかに痩せていくダイエットに比べ少し気合いや我慢が必要になりますが、ライザップのメニューであれば健康的な体の状態を損ねることなく目標の数字まで減量できるはずです。

まとめ:ライザップはダイエットの究極版!覚悟がなければやめた方がいい!

ライザップの痩せるメゾットは非常にシンプルです。

短期間で確実に痩せることを考えられた内容になっており、食事の基本的なことや、正しい筋トレのフォームや回数をマンツーマンで丁寧に指導してくれます。

全くダイエットをしたことがない人や、ダイエットのメゾットがわかっていない人はどんな仕組みで人の体は痩せるのかが分かり、効率的にダイエットができます。

ライザップの内容は一時的な減量という方が正しいです。

ダイエットとは何なのかを2ヶ月で学んだあと、自分でできる限り実践していくことが最も重要です。

体を変えたい!と覚悟を決め、最初の1歩としてライザップに投資をするのはいいかもしれません。

ただ、かなり短期間でのメニューなので、トレーニング期間中に仕事や学校が忙しくて生活が不規則な人や、外食を避けられない状況の人は効果が出ず、もったいないです。

ライザップは決して安い金額ではないので時期を考え覚悟を決めて入会することをおすすめします。



美容・芸能(整形)ブログ