もうすぐ!テムパルのアニメ化はいつ?2022年に配信の3つの理由!

大人気韓国漫画のテムパル〜アイテムの力〜のアニメ化はいつなのか調べたので、紹介していきたいと思います。

結論から言うと、テムパルは、、、

現在韓国でも日本でもアニメ化されていない!!!

まさかの韓国でもアニメ化されていません。

日本でのアニメ化の予定なのですが、これは少なくともあと2年くらいはかかる可能性が高いです。

しかし、暗い話題ばかりではありません、テムパルの提供元の「カカオ」がKADOKAWAの株を保有しており、これはアニメ化をブーストする材料の可能性があります。

その辺も後半に書いていますので考察読んで見てください。

ちなみにテムパルのアニメではなくプロモーションビデオは下記になります。

まじでアニメっぽい。笑

テムパルってやっぱりアイテムバトル系の物語なのでアニメ化してもかなり派手な感じで人気出るような気がしますね。

テムパルのアニメ化はいつ頃?2023年春を予想!

テムパルのアニメ化の時期を予想するに当たって、まずは原作の連載時期や韓国漫画のアニメ情報などをみてみました。

予想の理由はこちらの3つになります。

アニメ化まで時間がかかる理由
  1. 連載の期間が短すぎる
  2. 韓国でアニメ化されていない
  3. 他に人気な漫画が多数あるのでそれの後にアニメ化

ただ、アニメ化が遅いという暗いニュースばかりだと面白くないので、もしかしたら来年とかにアニメ化する可能性についても記事の後半で紹介するので、みてください!

まずはアニメ化が遅いかもしれない理由から。

テムパルの連載期間が1年ちょっとで短い!

テムパルの連載期間はなんと2020年の4月です。

アニメ化するには連載期間が短すぎる!!

現在2021年ですが、テムパルの連載開始からまだ1年ちょっとしか経っておらず、この速度でアニメ化するのは本当によっぽどの人気漫画でしか考えらません。

あの、ジャンプの人気漫画の鬼滅の刃でさえも、アニメ化まで2年もかかっています。

鬼滅の刃は2016年に連載開始したのですが、アニメ化したのは2018年です。

 

それと比較すると正直テムパルが日本でアニメ化するのはかなり遠い気がします。

鬼滅と比較してみると結構わかりやすくないですか?笑

 

日本国内のアニメが優先して作成されるでしょうし、韓国漫画のアニメ化は結構厳しいと思います。

テムパルはまだ韓国でアニメ化されていない

冒頭でテムパルのアニメ風のプロモーションビデオを紹介しましたが、これは韓国バージョンも存在します。

韓国バージョンも日本バージョンと全く同じなのですが、再生回数が900万回を超えており、日本よりも人気なのがわかります。

そんなに人気なのに!!!!

アニメ化されていません!!!!

おい!!

ドユコト!!!

これってまさか日本のアニメ化待ちってやつなのか?って思うほど意味不明です。

そもそも原作のある韓国でアニメ化されていないのに日本でのアニメ化が早いはずない!!

そんなことがあるなら、それは政治力が半端ないに違いない。(実はこの政治力に関しては水面下で韓国と日本の企業が提携していますので、後で説明します)

 

まぁ、あれですね、韓国でもアニメ化されていないのに、普通に考えて日本でアニメ化されるわけないよね。

「無理に決まってんだろ!」

考えてもみてください。

ドラゴンボールがジャンプ連載中に日本より先にアメリカでアニメ化しましたってなったら、やばくないですか?笑

ワンピースもそうです。

日本より先にワンピースがアメリカでアニメ化しました。ってなんかおかしくないですか?

日本はアニメ大国なのであり得るかもしれませんが、特例中の特例ってことは理解できるはず。

このようにまずは韓国でのアニメ化があってから日本に上陸するはずなので、待ちましょうって感じですね。

そして次がさらにテムパルのアニメ化を遅くする可能性のある理由です。

テムパルよりも人気な韓国漫画がすでにある!

続いてはこれです。

テムパルもめちゃくちゃ面白い。

それはわかってる、、、でもな。

いいか。よく聞いてくれ。

テムパルよりおもろい韓国漫画が既にある!!!!

これなんですよね。

テムパルも確かにかなり面白いのですが、韓国漫画は既に複数日本に刺客として放たれており、いくつも高い評価を受けている現状があります。

下記が日本で既にかなり高い評価を受けている韓国漫画。

韓国人気漫画
  • 俺だけレベルアップな件
  • ゴッドオブブラックフィールド
  • 神の塔
  • 盗掘王

神の塔に関してはすでに日本でもアニメ化しており、これはこれでかなりおもろい漫画です。

神のとうはアニメ化しており、結構前になりますね。

これも韓国漫画のアニメ化です。

韓国漫画のアニメ化あるのですが、めっちゃ数は少ないです。

そして次にアニメ化されるとしたら「俺だけレベルアップな件」が有力じゃないか?と言われています。

しかし「俺だけレベルアップな件」でさえもアニメ化まで2年以上かかると予想されています。

それほどまでにアニメ化のハードルは高いのです。

ここまで読んでくれたみなさんは少しゲンナリしたかもしれませんが、テムパルのアニメ化に関しての良い情報もここで入れていきたいと思います。

さぁスペシャルディナーの時間だ!!

ここからは朗報を入れていきますぜ!!!

期待しててください!!!

ピッコマがKADOKAWAの株を水面下で保有していることが発覚!

おいおい、韓国企業さんよ〜

乗っ取りですかい???

ピッコマを運営している「カカオ」が日本企業であるKADOKAWAの株を2020年に保有し始めました。

日経新聞がソースになっていますが、下記のように日経新聞に書かれていました。

カカオの動き

韓国のIT(情報技術)大手、カカオがKADOKAWA(9468)株を5%超保有していることが21日、わかった。カカオが21日に関東財務局に提出した大量保有報告書によると、6月以降に市場内で数回にわたってカドカワ株を取得し、保有比率は14日時点で5.10%に達した。

保有目的は「カカオの日本子会社はカドカワとの間で継続的なビジネス関係を有しており、今回の投資を通して、長期的な協力関係を築くことを望んでいる」としている。

引用元:日経新聞

テムパルを配信しているピッコマはKADOKAWA経由で日本に配信されているので株式を保有する必要があるという理由ですが、まぁそこからのアニメやグッズや日本国内での展開も十分視野に入れてそうです。

韓国の投資家もこのカカオの動きに伴ってKADOKAWAの株を買いまくってるみたいですね〜!

カカオからするとこのチャンスに韓国漫画の認知度を爆上げしたいはず。

そこで出てくるのが、、

アニメ化!!

何度も鬼滅を例に出して申し訳ないのですが、鬼滅に関してはアニメ化前後で漫画の売れ行きにこれくらいの差がありました。

アニメ化前後の売れ行き
  • アニメ化前13巻合計での発行部数300万部
  • アニメ化後16巻合計での発行部数1,300万部

このアニメ化効果をみてしまうと、喉から手が出るほどアニメ化を早くしたいはずです。

こうなると漫画も爆売れするしグッズも売れるし、何より日本でのポジションを確固たるものにできます。

このように考えると、やっぱり今人気の韓国漫画をアニメ化したいという思いが絶対にあるはずです。

そこでラインナップに入ってくるのが、

テムパル!

と予想します。

本当にうまくいけばですが、爆速でアニメ化する可能性があります。

テムパルはアニメ化に向いていると私自身考えています。

テムパルがアニメ化に向いている理由

テムパルが他の韓国漫画よりもアニメ化に向いている理由があります。

それはこちら。

テムパルがアニメ化に向いている理由
  • ストーリーが明るい
  • 今流行りのチート系
  • 魅力的なアイテムが多い
  • 女性キャラが可愛い
  • ストーリー展開がテンポ良い

他の韓国漫画は結構グロい描写があったり、ちょっとくらいストーリーの部分があったりします。

しかし、テムパルはめっちゃ明るいストーリーです。

戦いの場面ももちろん出てくるのですが、なんか明るい気持ちになって楽しめる作品です。

さらにアニメ化や漫画で重要な女の子キャラがめちゃくちゃ可愛いです。

惚れ惚れする。

おっぱいでかいし。笑

また、付け加えると大人気漫画で既にアニメ化されている「転スラ」のようにいい感じのチート系でテンポがめちゃめちゃ良いです。

この辺り総合的にみて、アニメ化にぴったりすぎる作品です。

以上がテムパルに関してのアニメ化の情報になります。

まとめ!

結果的に悪い情報ばかりではなく、ピッコマとKADOKAWAの提携でアニメ化が加速する可能性があります。

もしかしたら来年にアニメ化される可能性もあるので、情報入り次第ここに追記していきたいと思います。



美容・芸能(整形)ブログ