pgブラが痛いって本当?痛くならない方法や痛くなる理由を徹底解説!

pgブラ 痛い

この記事では、pgブラが痛いという噂は本当なのか解説します!

pgブラはバスト専門サロンが監修しているため、その効果がすごいと口コミでも話題です。

そんなpgブラが痛いと聞いて、購入を迷っていませんか?

pgブラが痛い理由
  • pgブラが痛い理由はサイズがあっていないから
  • 古くなったり、体型が変わると痛みを感じる

それでは、pgブラは痛いのか?その理由と対処法をご紹介していきます!

pgブラは痛い?その理由とは

pgブラが痛いという口コミを見て、購入するか迷っている方もいるのではないでしょうか。

ナイトブラで痛いというのは問題ですよね。。

快適な睡眠の邪魔になるようではナイトブラをつけたくなくなります。

ですが、pgブラで痛いと感じる方はサイズがあっていない可能性大です。

実際に私もpgブラを愛用していますが、ジャストサイズを購入したので全く痛くないです♪

pgブラが痛いのはサイズが合ってない

pgブラで痛い場合、サイズが合っていない可能性がとても高いです。

実際のブラサイズより小さい場合、キツくて長時間つけると痛くなりますし、逆に大きくてもブラと皮膚が擦れて痛くなります。

pgブラは公式通販サイトで購入する方が多いので、実際にpgブラを試着することができません。

そのため、サイズを間違えて購入してしまい痛くなる方がいます。

ですが、今なら公式サイトでpgブラを単品購入した方限定でサイズ交換キャンペーンを行なっており、一度試着してからサイズ交換してもらうことが可能!

通常は未開封のpgブラのみサイズ交換可能で、開封するとサイズ交換できなかったんです。

なのでサイズ選びが不安な方は、今がチャンスです♪

太った・痩せた場合は痛くなる

 

pgブラを購入した時より、太ったり痩せたりと体型が変わった場合、サイズが合わなくなって痛くなります。

サイドのホックをゆるくしたり、肩紐の長さを調整しても痛い場合は今の体型に合ったpgブラを購入しましょう。

サイズが合わないナイトブラでは、お肉がはみ出たままになったり、きつくて寝苦しくなるので効果がありません。。

後ろのホックは4段階調整できるので、まずはホックの調整を試してみてくださいね。

pgブラが古くなって伸びてしまった

pgブラを長期間使っていると、全体的に生地が伸びてしまったり、肩紐が伸びてしまうことがあります。

やはり布を使っているので、長期間使用しているとどうしても劣化していきます。

古くなってサイズが合っていないとバストアップ効果がなくなってしまうので、買い替え時です。

pgブラを最安値で購入する方法は公式サイトです!ぜひ公式サイトで買い換えてくださいね♪

pgブラを長持ちさせる方法はある?

pgブラを長持ちさせるためには、洗濯機で他の洋服のように洗うのはおすすめしません。

pgブラが傷みやすくなるので、ぬるま湯を使って手洗いして丁寧に扱いましょう。

洗剤も、おしゃれ着洗い用を使用するとpgブラを長持ちさせることができます!

pgブラの着用方法が合っていない場合は痛い!

pgブラが痛い理由に、着用方法が間違っている可能性があります。

正しい着用方法を見ていきましょう。

pgブラの正しい着用方法
  • pgブラに腕を通します。
  • 前屈みになってアンダーフックを止めます。
  • 脇や背中のお肉をバストに寄せます。
  • pgブラからお肉がはみ出ていないか確認して、前方フックを止めます。

ポイントは、はみ出た脇や背中のお肉をどれだけpgブラに入れ込めるかです。

しっかりお肉をカップ内に入れることで、痛くなりにくく、バストアップ効果も期待できます!

はみ出たお肉があるまま寝ると、お肉とpgブラが擦れて痛くなることがあるので着用方法を見直してみてくださいね。

pgブラはサイズが合っていたら痛くない!まとめ

いかがでしたでしょうか?

pgブラが痛い理由は、サイズが合っていないからです。

長期間使って古くなって生地が伸びていたり、太って体系が変わってしまったり、着用方法を間違えている可能性が高いです。

pgブラは痛くなりにくいソフトワイヤーを使用していますし、ナイトブラなので通常なら寝転がっても痛くないです。

上記で解説したpgブラが痛い理由に当てはまる方は、この記事を参考にしてくださいね!

コメントを残す