岩崎隆一【中学時代の顔画像】生い立ちや家族も異常!過去には鉛筆事件で友人をぶっさす!

川崎市登戸で通り魔事件を起こした岩崎隆一容疑者の生い立ち家族が明らかになってきました。

今回の記事では、過去のトラブルや生い立ち、家族がどのような人ただったのかを詳しく書いていきたいと思います。

調べてみるとやはり過去にも様々なトラブルを起こしており、生い立ちもかなり複雑なものでした。

鉛筆で友人の手を刺す事件を過去に起こしており、今回の刺殺とかぶる部分があります。

さらに、中学時代の顔画像も入手しました。

まずは事件の概要を簡単にみていきます。

スポンサーリンク


岩崎隆一の川崎市登戸カリタス小学校スクールバス襲撃事件の概要

事件概要
 午前7時44分ごろ、神奈川県川崎市で「路上で小学生が4人刺された」と119番通報があった。

 捜査関係者によると、刺されたのは小学生が7人から8人、大人が4人くらいで、このうち大人1人と子供1人が心肺停止だという。現場付近で男1人の身柄を確保したという。男は40歳から50歳くらいで、自分の首付近を刺しているという。

引用元:Yahoo!ニュース 

現場には複数の血だまりができており、事件の凄惨さを物語っています。

スクルールバスを初めから狙っていたと報道されていましたが、実はその前にコンビニでも数名を切りつけていたようで、その後スクールバスの児童を狙ったようです。

事件発生から1日が経っており徐々に情報が出始めており、岩崎隆一容疑者の過去の生い立ちや家族に関しても様々な情報が出てきていましたんので、まとめていきます。

スポンサーリンク

岩崎隆一容疑者の生い立ちが異常

岩崎隆一容疑者の生い立ちをまず書いていきたいと思います。

岩崎隆一容疑者は幼い頃に両親が離婚しており、その後、伯父、伯母と暮らし始めます。

伯母と伯父とは?
わかっている人が大半かもですが、一応解説すると伯母、伯父は父親か母親の姉妹、兄弟の事です。

父親や母親の兄弟、姉妹の元へ送られて幼少期から過ごすというのは不可解すぎますが、幼少期から複雑な生い立ちをしていたことが露呈しています。

生い立ち一覧

・幼少期に両親が離婚

・伯父(元会社員)と伯母(専業主婦)と暮らし始める

・幼少期は伯父と伯母の子供も含めて暮らす(遊んでいる姿が目撃される)

・地元の小学校、中学校を卒業する

・10代後半で家を出た

・成人後にはめっきり姿を見せなくなる

・定職についていた

・近年、伯父と伯母の家に戻ってきた

・夜中に出歩く姿を目撃

生い立ちに関して、まだ情報が出ていないこともありますが、近所の住民でさえも小さい時に姿をみたきりほとんどみていないと言っているほど目撃証言が少ないです。

しかし、夜中に出歩く姿が目撃されていたりと、おそらく昼夜逆転の生活を送っていた可能性があります。

それにしても近隣住民の方の目撃情報が相当少なく不可解です。

近隣住民の目撃情報をまとめましたが、ほとんどの人があまりみたことがないという証言をしています。

実は幼少期に家庭内で差別を受けていた可能性が浮上しています。

スポンサーリンク

近隣住民の岩崎隆一容疑者の目撃する声

近隣住民の声
「もう何十年も会っていない。子どものころボール遊びをしていた印象しかなく、信じられない」

「時折、コンビニで早朝に買い物をして家に戻って来るのを見掛けた。あまり元気ではなく、暗い雰囲気の人だった」

新聞配達員「1度も見たことがなかった」

近隣住民「小中学校卒業後から一度もみていない」

ただし、新聞配達員が少年漫画などが捨ててあるのを目撃していたようで、伯母と伯父の家にはずっと住んでいたようです。

どこで何をしているか分からなさすぎて伯母も伯父もほとんど把握していなかったようです。

スポンサーリンク

家族が異常!伯父と伯母も岩崎隆一の所在や行動を把握していなかった!

岩崎容疑者は伯父と伯母と3人で暮らしていたようですが、この伯父と伯母も岩崎容疑者にあまり興味のない様子でした。

さらに伯父や伯母も岩崎隆一容疑者の所在や行動を全く把握していなかったようで、メディアの取材に対して下記のように回答していました。

親族と記者のやりとり

週刊ポストが岩崎容疑者の自宅に電話すると、親族とみられる男性と接触することができた。

記者が名乗った上で、容疑者の名前を告げて「そちらに(住んで)いるのか」と聞くと、「いるような、いないような」と回答した。以下、一問一答だ。

──そちらに警察から連絡などはありましたか。

「いま、おまわりさん来てるよ」

──そうでしたか。事件についてですが……。

「事件のことなんて何もわかりません」

──事件の前までも、岩崎容疑者は自宅にいたのでしょうか。

「ほとんどいないよ。いまはいない」

──一緒には暮らしていなかったんですか?

「暮らしているってものではないですね」

 このあと、岩崎容疑者の生活状況について尋ねたが、電話は切られた。

引用元:NEWS ポストセブン

いるのかいないのか分からないと親族が証言していますが、一体どこにいたのでしょうか。

深夜に出かけて早朝に帰ってきて、自室にこもっていたのでしょうか。

希薄な家族関係の中で精神的に狂っていったのかもしれません。

目撃情報が少ないですが、過去には実は様々なトラブルを起こしており、その異常性がトラブルを通して垣間見得ます。

スポンサーリンク

岩崎隆一の過去のトラブルまとめ!

岩崎隆一容疑者は目撃情報は少ないですが、過去に様々なトラブルを起こしていました。

幼少期に他人の家に勝手に侵入!

幼少期を知っている近隣の住民によると岩崎隆一容疑者は「他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だった」と言われていました。

他人の家に勝手に入るということから、あまり幼少期に教育などはされておらず、正しいことと悪いことなどの分別がついていなかった可能性がありますね。

これだけで大きなトラブルに発展するとは言い切れませんが、昔から何か片鱗のようなものを持っていたのかもしれません。

スポンサーリンク

小学校の時に鉛筆で友人を刺す

同級生の証言によると、怒りっぽい性格をしており、当時、怒った岩崎容疑者が鉛筆で友人を刺したことがあったようです。

その際は鉛筆で手を刺されたようで、折れた芯がまだ手に残っているようです。

さらに中学時代の友人も岩崎容疑者が校内で度々暴れているところを教師から注意されているのをみており「この事件が起きたことに関して全く驚かない」と証言していました。

さらに幼少期だけではなく、近隣住民とのトラブルも起こしていました。

「伸びた葉っぱが当たった」と早朝から怒鳴り込み

近隣の住民の庭に生えている木の葉がフェンスから飛び出しており、それに当たったと岩崎容疑者が剣幕で怒鳴り込んできており、それに対応した男性は「距離を置かないともっと大きなトラブルに巻き込まれる」と思ったようです。

怒鳴り込みは30分にも及んだようです、さらにこの怒鳴り込みは早朝の6時頃に起きたようで、一体朝の6時に岩崎容疑者は何をしていたのでしょうか。

この時からかなり不気味な印象を持ったと近隣の方は話をしていました。

確かに、相当不気味ですね。枝が当たって怪我をしたのではなく「葉」が当たったので怒鳴り込んできたようです。

住民の方もかなりびっくりしたのではないでしょうか?

まさにこの時も事件が起きてもおかしくない状態だった可能性がありますね。

スポンサーリンク

同級生に向かって唾を何度もかける行為をする

これはツイッターで見つけた投稿なのですが、岩崎容疑者の中学校の同級生の息子さんが、過去に父親が岩崎さんに唾を何度も吐きかけられたと言っているようです。

かなりイかれた様子の人のようで、この事件も頷けるという感じでしょうか。

事前に事件を予測するには難しいですが、このような猟奇的な恐ろしい事件は事前に予兆のようなものが必ずありそうですね。

やはり普通の人ではなかったようです。

 

スポンサーリンク

 

小学校、中学校時代の岩崎容疑者は暴力的で孤立!

小学校や中学校時代の同級生によると、岩崎容疑者はおとなしい反面、暴力的な姿も度々目撃されているようでした。

岩崎容疑者と小中学校で同級生だった男性によると、昔から一見、おとなしいが、何か気に入らないことがあると、暴れる、まわりのもの、ごみ箱とかいす、机をけって先生を困らせていた。

気に入らないことというのもささいなことで、「靴をそろえて」と言われて大暴れしたり、豹変(ひょうへん)したりしていた。

引用元:Yahoo!ニュース(週刊朝日オンライン) 

さらに中学生になると暴力や不機嫌がエスカレートしていき孤立していた様子です。

中学になると、岩崎容疑者の機嫌が悪くなる回数は増えたように感じた。

 「近くの友達に殴りかかって、よくトラブルになっていた。ケンカしてもいつも負けるのは岩崎。

なぜ機嫌が悪くなるのか、何が気に入らないのか、よくわからなかった。

そういう性格だから近寄る人もいなくなって、いつも一人でいた印象」

引用元:Yahoo!ニュース(週刊朝日オンライン) 

スポンサーリンク

岩崎容疑者の家族に関して

岩崎容疑者が結婚しているのか、子供がいるのかなどの情報は現在情報としてありませんんが、高確率で伯母、伯父と3人暮らしの可能性がありますね。

そして精神的にかなりおかしな状況になっていたとしか思えないなと過去のトラブルなどをみて思いました。

通院歴や病歴、前科などの情報がまだ出てきていませんが、情報が出次第、別の記事で記載していきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

令和になり初の大事件ですが、本当にいたたまれない事件となり、悲しみが渦巻いています。

容疑者は自ら命を断ち、動機などを不明確な部分も多いですが、今後のこのような惨劇が繰り返されないように対策をしていって欲しいですね。

今回の記事はこれで終わります。

読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です