【拷問】中茎竜二と石田礼門のイケメン画像!動機や犯行動画が衝撃的すぎる!

カンボジアでタクシーの運転手の命を奪ったとして中茎竜二容疑者と石田礼門容疑者が逮捕されました。

2人は共に23歳でネット上ではイケメンと話題になっています。

さらに彼らは元自衛官であり、人々を守る立場の人間がなぜこのようか事をしたのか動機が気になりました。

しかし、その犯行の動機や犯行時の動画、犯行後のインタビューは衝撃的で、衝動的に行なった犯行とは思えない計画性でした。

2人には400万円ほどの借金があったようで、犯行の動機はこの辺りにあるのではないかと思われます。

彼らは逮捕後に拷問されている可能性があり、画像が出てきましたので、そちらも載せていきたいと思います。

今回の記事は下記の内容を書いていきます。

この記事の内容
・事件概要
・中茎竜二と石田礼門のイケメン画像
・犯行の動機
・犯人拷問の画像
・犯行時の凶器
・犯行映像
・犯行後のインタビュー動画

まずは事件の概要からみていきましょう。

スポンサーリンク


中茎竜二と石田礼門のカンボジア強盗殺人事件概要

事件概要
元陸上自衛官の石田礼門容疑者(23)と中茎竜二容疑者(23)は17日、観光都市シエムレアプで、タクシー運転手の男性を刃物で殺害し車を奪った、強盗殺人の容疑で逮捕された。
引用元:FNN

タクシーを奪うさいにタクシー運転手の命を奪ったとして、逮捕されていますが。

タクシーの運転手の命を奪う必要があったのか疑問です。

中茎竜二容疑者は犯行後のインタビューで「タクシー運転手の命を奪うつもりはなかった」と証言していましたが、殺害するつもりで犯行を行わなければ、命を奪うほどの致命傷を与えることは難しいのでは?と思ってしまいました。

調べていくと被害者には複数の刺し傷があったようで、かなりの殺意を持って行動していたのではないかと現在捜査が進められています。

犯行が行われた場所はシェムリアップという世界遺産のアンコールワットがある地域で、治安を調べてみましたが、スリやひったくりが多いと書かれていましたが、誰かの命が奪われるということが頻繁に起きているという情報は調べて限り書かれていませんでした。

なぜ2人が犯行に及んだのかかなり謎です。

続いては中茎竜二と石田礼門のイケメン画像をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

中茎竜二と石田礼門のイケメン画像

中茎竜二容疑者の顔画像

石田礼門の顔画像

どちらも容姿は整っている感じがしますが、さすがに犯行後に逮捕され疲れ切っているような雰囲気がありますね。

しかしタクシー運転手の命を奪ったのは事実なのでしっかりと罪を裁いて欲しい。

スポンサーリンク

カンボジア殺人事件の犯行動機が衝撃!

今回の事件の犯行動機なのですが、400万の借金があり、それを返すために行なったとされています。

しかしカンボジアの平均月収は月4万円ほどです。

そんな中でなぜ強盗を行なったのかかなり疑問なんです。

平均年収が低いのに強盗を行なって400万を貯めるためには何十回と犯行に及ぶ必要があります。

日本の平均月収は月に手取り20万ほどだと思いますが、20万持ち歩いている人なんてそうそういないですよね。

カンボジアの平均月収が4万円だとして4分の1の1万円を持っていたとしても日本換算すると5万円持ち歩いていることとなります。

400万の借金を返すために400回強盗をしようとでも思っていたのでしょうか?

実は調べていくと、このタクシーを奪った後に銀行強盗をしようとしていたようです。

また、奪った車を使いながら強盗を繰り返そうとしていたとも発言しています。

こんなリスクが非常に高く成功率もが非常に低い選択をした2人が謎すぎて何を考えていたのか不思議です。

スポンサーリンク

なぜカンボジアで犯行?

もともとこの2人タイで同じように犯行に及ぼうとしたところ、失敗しカンボジアに流れてきたようです。

しかしなぜカンボジアなのか疑問でした。だってもっと裕福な国に行けばいいのでは?と思いませんか?

実はカンボジアでの犯行には理由があり、現地で流通している米ドルが目的だったようです。

米ドルをを換金すればそれなりのお金に為替でなると思っていたのでしょうか。

計画的にタクシーを奪ったとされていますが、あまりにも計画がお粗末な気がしますね。

何も考えておらず、ざっくり計画はしていたのでしょうけど、打算的な側面がみて取れますね。

犯行の動機
・400万の借金を返すために犯行

・タクシーを奪い強盗を繰り返す気だった

・奪ったタクシーで銀行強盗をするつもりだった

・現地流通の米ドルを奪う目的

犯行時に使ったとされる凶器に関しても出てきていました。

スポンサーリンク

中茎竜二と石田礼門が使った凶器

犯行に使ったとされるナイフは上記のような形状のものです。

あまり見慣れないナイフですが、これで命を奪ったようですね。

丸状の部分を指にはめて使うリングタクティカルナイフというもので、通常は折りたたむことができるもののようです。

これは折りたためなくなっていますね。

携帯しやすく見つけにくい刃物ですね。

しかし刃渡りは短く、今回のタクシー運転手はこれを使って刺したのではなく、首など大きな血管を切ったのではないかと想像されます。

命を奪われた被害者の方の画像がネットに上がっていましたが、全身血まみれの様相で、道路にまで血が広がっていました。

大きな血管が切られたのではないかと思います。

そして報道ではこのタクシー強盗の犯行映像が公開されていました。

スポンサーリンク

中茎竜二と石田礼門の犯行映像・動画

下記のANNニュースに犯行の動画がアップされていました。

犯行の様子がのっているのは22秒付近です。

生々しい犯行になっています。閲覧注意です。

しかしタクシーを奪ってすぐにトラクターに衝突をしており、2人は相当焦っていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

中茎竜二と石田礼門の犯行後のインタビュー動画

11秒付近と42秒付近にインタビューがあります。

命を奪わらた被害者には複数の刺し傷があり、命を奪う意図はないと言っているにも関わらずかなりの殺意を感じました。

彼らはこのご住民に取り押さえられ、警察に逮捕されていますが警察で拷問されたような画像が見つかりました。

スポンサーリンク

中茎竜二と石田礼門は警察に拷問されていた?

下記の画像に拷問の様子が少し写っています。

日本の警察では考えられませんが、海外であれば逮捕後にこのような拷問があるのでしょうか。

このようなリスクを考えた時にたった400万の借金を返すために犯行におよび命を奪ってしまうなど、考えられないと思ってしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだまだ犯行に関する情報が出てきそうなので出てきましたら追記していきたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です