フェラーリ事故(埼玉)の運転手の映像は?【カーチェイス】車載カメラで完全録画!

今回の記事はフェラーリ事故(埼玉)の運転手映像などを中心に書いていきたいと思います。

埼玉の自動車道でフェラーリで事故するとか相当お金かかりそうですが、実際に運転手がどういう状況なのかまた、映像はあるのか見ていきましょう!

まずはフェラーリ事故(埼玉)の事件の概要から!

スポンサーリンク


フェラーリ事故(埼玉)の事件概要

フェラーリ事故(埼玉)の概要
2日午前、埼玉県蓮田市の東北自動車道でイタリアの高級車「フェラーリ」が中央分離帯に衝突する事故があり、この影響で東北道は付近で一時、約12キロの渋滞となりました。

黒のフェラーリかっこよすぎますね。

しかし、こんな帰省も関わってくる年始に高速道路で事故ってシャレになりません。

12キロも渋滞していたようです。

スポンサーリンク

事故発生場所は埼玉県蓮田市

わかりにくいですが、こういった一本道で事故が起きたようです。

スピードを出せる車に乗っている運転手からしたら、この一本道はかなり楽しいのではないでしょうか?

しかも流石に1月2日はあまり車もいないでしょうしね。

ただ、事故をおこしてしまったことが最悪でしたね。渋滞12キロってシャレにならないです。

スポンサーリンク

フェラーリ事故(埼玉)運転手の映像は?

今回のフェラーリ事故埼玉)での運転手映像は出てきていませんが、その代わりに車載カメラが捉えていた事故映像がありました。

この車載カメラは埼玉で事故を起こしたフェラーリのものではなく、その後ろを走っていた後続車の車に搭載されていたもので、

運転手映像はありませんでしたが、その映像からは事故埼玉)の際に赤のフェラーリと競争している可能ような映像が映っていました。

もしかして、他のフェラーリ同士でこの日にレースのようなものをしようとしていた可能性があります。

そうなれば結構ひどい事件ですね。

他の人たちも巻き込みかねない大事故になっていたかもしれません。

赤のフェラーリの左車線への入り方は相当強引であわや接触までいっています。

こんな危ない運転をするなんて信じられないですね。

渋滞で帰省が遅れた人たちに謝ってほしいです。

しかしこのフェラーリ事故埼玉)でフェラーリ運転手に怪我はあったのでしょうか?

スポンサーリンク

フェラーリ事故(埼玉)での運転手の容体

この事故での運転手の怪我はなかったようです。

外車って高級な分、内部がめちゃくちゃ安全に作られていると聞いたことがあります。

結構な衝撃が加わったように事故映像では見えましたが、大丈夫なんですかね。

画像で見てみると、煙をあげていますが、お尻の方から中央分離帯に突っ込んだだけでそこまで大きくぶつかった感じはないですね。

これくらいの事故なら運転手は大丈夫なのではないかと思います。

やはりそう考えると赤のフェラーリが結構許せませんね。

赤のフェラーリは仲間なのでしょうか?

赤のフェラーリはこの事故と無関係とは言えない動きをしています。

映像をみると運転手と競争しているように見えてしまいますね。

しかもこの赤のフェラーリは現場に停車しているのが目撃されていたようです。

これを聞くと2つのフェラーリで競争していたのではないかと思ってしまいますね。

フェラーリ2台が偶然埼玉の高速道路にいるなんて結構考えられないので、競争していた説は有力じゃないですかね。

そのまま赤のフェラーリは走り去ってしまいましたが、おそらく今赤のフェラーリ運転手への事情聴取で赤のフェラーリは関係がないか確認しているでしょうね。

少し気になったのが、このフェラーリの車種や購入金額です。

一体どれくらいなのか見てきましょう!

スポンサーリンク

事故を起こした黒フェラーリの金額

今回事故を起こしたフェラーリF430スパイダーと呼ばれる超絶高級車の可能性が高いです。

購入金額は新車で2800万近いです。

恐ろしいですね。

高価すぎて一般市民では手に入らない。

しかも相当男心をくすぐる格好よさですね。

一度でいいから乗ってみたい。

スポンサーリンク

フェラーリの修理費用は?

今回の事故で修理費用がかかってしまっていますが、どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

色々調べていくと驚愕の事実が。

なんとエアコンプレッサー(車内のエアコン設備)を交換するだけで、30万もかかります。

え!?30万?

もはや中古の軽自動車買える勢いです。

恐ろしいですね。フェラーリの価格。

そしてクラッチの交換にはなんと80万もかかると。。。

新車買えますねもはや。こんなちょっとしたクラッチ部品を変えるだけで80万とかまじやってられませんね。

今回はタイヤも後部座席付近も大破しているようなので相当な修理費用がかかるのではないでしょうか。

恐ろしい。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回のフェラーリ事故埼玉)では運転手にも他の車にも絡まない事故でその点では不幸中の幸いでしたが、

渋滞12キロはめちゃくちゃ腹たちますね。

サーキット場で競争すればいいものをみんなが使う車道で競争するなんて馬鹿げてますね。

今後はこのような事故を起こさないように安全運転してもらいたいです。

今日の記事はこの辺りで終わります。

また記事書きますので見てください。

読んでいただきありがとございました。

スポンサーリンク




お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です